モンテネグロ:ŽCG

モンテネグロの鉄道網を運営するのが、国有鉄道のモンテネグロ鉄道(ŽCG)です。

路線の総延長距離は250km。そのうち58kmが121ものトンネル部分に相当します。

首都ポドゴリツァにある駅と北東にある隣国セルビアをつなぐのが、バル~ポドゴリツァ~ベオグラード線です。南の隣国アルバニアへの路線はありますが、現在は貨物輸送にのみ使われています。モンテネグロ鉄道(ŽCG)では、この輸送サービスを旅客にまで拡張しようと計画中です。ただし、今のところ旅客路線は一日4便のみで、まだ同国の鉄道網の運行本数は限られています。

鉄道に関わる財政問題や、放置状態にされた線路によって引き起こされるトラブルなどを経て、現在、モンテネグロ鉄道(ŽCG)ではさらに事業投資を進めていく計画です。これにより線路の改善が見込まれ、時速75~100キロまでの走行が可能となります。


鉄道パスを選択 モンテネグロ

ヨーロッパの旅行情報と旅のヒントを見る

This map requires Adobe Flash Player