ルクセンブルク:CFL

ルクセンブルクの鉄道網はルクセンブルク国鉄(CFL)により運営され、広範囲をカバーするバス路線網が鉄道を補完しています。

列車

  • TGV
  • インターシティ

ルクセンブルク国鉄の特徴

ルクセンブルクの鉄道網は、ルクセンブルク国鉄(CFL)によって運営され、広範囲をカバーするバス路線網によって補完されています。

ルクセンブルクの鉄道システムの中心は、ルクセンブルク国鉄(CFL)の路線網にある唯一のターミナル、ルクセンブルク駅です。同駅は、国際路線への接続ハブにもなっていて、ベルギー、フランス、ドイツといった周辺国を結ぶ鉄道サービスを提供しています。

ルクセンブルク駅には1999年5月以来、フランスの高速列車TGVが乗り入れ、ルクセンブルク~パリ間は約2時間5分で結ばれています。一方、1日2本のインターシティがルクセンブルクと、スイスの芸術の都バーゼル(スイスの国境駅)を結びます。

ルクセンブルクは小さな国ですので、国中を旅することも簡単です。CFL10号線を利用してルクセンブルク駅から北の方へと行けば、中世のクレルボー城に到着です。60号線で南の方へと列車で移動すれば、まるで絵葉書のように美しく穏やかなブドウ畑とワイナリーが点在するモーゼル渓谷へとアクセスできます。

ルクセンブルク国鉄(CFL)では、さまざまな国際線の事前予約に対して特典があります。高速列車TGVに乗車するには座席予約が必要ですが、ルクセンブルクの国内線については予約の必要はありません。


※当ページでは鉄道会社から寄せられた情報を掲載しており、一部日本国内ではご利用いただけないサービス・商品もございます。


鉄道パスを選択 ベネルクス

鉄道商品: ベネルクス

ヨーロッパの旅行情報と旅のヒントを見る

This map requires Adobe Flash Player