アーヘン

チケット検索
<->

概要

カロリング朝時代の都、アーヘン シャルルマーニュが埋葬されている古都アーヘンはドイツのもっとも西部に位置する町で、ベルギーとオランダと国境を接しています。約26万人が暮らす町アーヘンは散歩をしたり、歴史遺産を巡ったりするのにぴったりです。

ドイツについて


列車での行き方 アーヘンへは、ブリュッセルやケルン、デュッセルドルフからアクセスできます。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

出発都市 パリ 02:35 5,000
出発都市 フランクフルト 01:47 4,764
出発都市 ベルリン 05:53 9,693
出発都市 ブリュッセル 01:08 2,714
出発都市 ケルン 00:33 3,121
出発都市 デュッセルドルフ 01:23 3,581
出発都市 パーダーボーン 03:29 8,017
出発都市 エッセン 01:36 3,121
出発都市 デュースブルク 01:20 3,121
出発都市 リエージュ 00:22 1,714
出発都市 ドルトムント 02:22 5,669


列車で巡る周辺地域 アーヘンから、周辺の都市や小さな町へと出かけませんか。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

到着都市 リエージュ 00:58 1,714
到着都市 デュッセルドルフ 01:43 3,121
到着都市 ケルン 02:05 3,121
到着都市 デュースブルク 02:37 3,121
到着都市 ドルトムント 02:48 3,121
到着都市 エッセン 02:52 3,121
到着都市 ブリュッセル 03:35 2,714
到着都市 アムステルダム 04:01 5,257
到着都市 フランクフルト 04:17 4,764
到着都市 パーダーボーン 04:21 4,764
到着都市 パリ 05:20 5,000
到着都市 ヘールレン 06:58 19,886
到着都市 ベルリン 09:02 3,121

町に滞在中

カロリング朝時代の都、アーヘン

シャルルマーニュが埋葬されている古都アーヘンはドイツのもっとも西部に位置する町で、ベルギーとオランダと国境を接しています。約26万人が暮らす町アーヘンは散歩をしたり、歴史遺産を巡ったりするのにぴったりです。

アーヘンでは自然と文化の両方を楽しめます。この町の大きな見所の1つが世界遺産にも登録される8世紀建造のアーヘン大聖堂です。シャルルマーニュ(カール大帝)がその基礎を築いたことで有名な大聖堂では、600年間に渡って30人以上のドイツ皇帝の戴冠式が行われました。路地を歩いていると、町の中心地区でアーヘンの象徴ともいえるエリーゼの泉(1827年に作られた飲泉所)が目に留まるでしょう。ギャンブルに興味があれば、カジノへ。公園に囲まれたカジノは、もともと水治療(ハイドロ・セラピューティック)の治療施設だった建物を利用しています。アルプスの山並みの北側でもっとも高温の源泉があるとされるアーヘンは、温泉スパの町としてもよく知られています。

鉄道駅

鉄道:ヨーロッパでは、都市や町への移動は鉄道が便利です。すべての主要な町には鉄道駅があり、大都市には2つ以上の鉄道駅があります。また、ほぼすべての鉄道駅は市街地中心部に位置しています。アーヘンの鉄道駅をトラベルマップでご確認ください。


 


トラベルマップ

近郊都市

ドイツの主要都市


クチコミ

  • "指定席&おやつ飲み物付き♪"    
    アーヘンからブリュッセルまで、到着が10分以上遅れてかなり焦ったけど、無事に乗車。指定席で快適でした。しかも飲みものとアップルパイまで付いていたので最初はサービスと知らず断ってしまいました(笑)  
  • "のりかえ????&遅延当たり前?結構いい加減"    
    乗り換えなしかと思ったら、リュージュで乗り換えを告げられ(しかも停車して結構経ってから)、異国の地の駅であまり言葉も分からず、時刻表も見方が分からず(落ち着いてみたら分かったけど)状態の自分。とりあえず言われた時間の汽車に乗ったら、全然違うところにいってしまいました。。(乗る時にフランクフルトに行くのか確認したらそうだと言ったのに、結構いい加減な対応)しかし幸い?折り返してまたリュージュに戻ったけど・・その途中汽車の中で融通の利かない車掌に怒られました。。なんか券を取り上げようとされた上にお金を払わされそうになった。リュージェに戻って、若い車掌さんに聞いたら親切にきちんと時間を調べて教えてくれた。向こうは時間を守る国かと思っていたが違うようで、次の汽車も20分遅れ、しかも先に他の汽車が来るから焦る☆時刻表ではフランクフルト行き最終だったのでかなり焦りました。次の日帰国だったので。 出来れば、予約した時に乗り換えの有無とその駅、時刻表を教えてもらえると助かります。  
  • "発券方法に関して"    
    列車自体は快適で全く不満はありませんが発券システムについては不満が残ると申し上げざるを得ない、と思います。現地で発券で予約のみ、でお願いしてドイツアーヘンの駅に行きましたが営業時間内であるにもかかわらずタリスの営業所はクローズ、ルフトハンザのオフィスに行け、と書いてあり行ってみたらここもクローズ、困り果てて電話でサービスセンターに相談してみると新規発券であればOK、と言う事で結局予約金額の2倍以上のフルフェアーで新規に購入する羽目になりました。現実に現地で買えない、あるいは外国人にとって購入が極めて難しいシステムであるなら現地発券のシステムは止めるべきではないでしょうか?繰り返しますが列車自体は非常に快適でお奨めと思います。  
  • "プルミエクラスなのに"    
    ずっとネットが使えない状態だったので、タリスでのwifi利用を頼みの綱にしていたのに、あっさり「sorry, you can't use net at the moment」と言われがっかりでした。 フランス発以外にブリュッセルからのドイツ行き、ドイツからブリュッセル、ブリュッセルからアムステルダムへもタリスを使いましたが、後は全て快適に使用可能でした。 フランスという国はどうしてこう何事も使いにくい国なのでしょうか。ある意味再確認しました。