アンジェ

チケット検索
<->

概要

建築と装飾用織物が紡ぐ歴史の町アンジェ フランス北西部の都市アンジェ。約15万人が暮らすこの町は、中世イングランドのプランタジネット朝ゆかりの土地であり、この地から同王朝の偉大な王と女王を輩出しました。アンジェはアンジュー帝国の都として栄え、当時の貴重な遺産が今も受け継がれています。

フランスについて


列車での行き方 アンジェへは、リヨンやマルセイユ、リールからアクセスできます。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

出発都市 パリ 01:29 2,857
出発都市 シャルル・ド・ゴール国際空港 02:20 3,571
出発都市 アヴィニョン 04:49 11,286
出発都市 リヨン 03:40 3,571
出発都市 マルセイユ 05:26 14,000
出発都市 リール 03:17 4,286
出発都市 レンヌ 02:03 5,129
出発都市 エクス・アン・プロヴァンスtgv 05:11 18,571
出発都市 ストラスブール 04:39 12,857
出発都市 マルヌ・ラ・ヴァレ 02:06 3,571
出発都市 ニーム 05:34 11,286
出発都市 サン=ジェルマン=デ=フォセ 05:02 7,971
出発都市 シャンパーニュ=アルデンヌ 02:40 8,857
出発都市 ムラン・シュール・アリ 04:35 7,386
出発都市 オルレアン 01:52 4,671
出発都市 Cholet 00:38 1,586
出発都市 ル・マン 00:39 2,071
出発都市 ナント 00:34 1,929
出発都市 シュミレ 00:23 1,286
出発都市 アンスニ 00:21 1,329
出発都市 サン・ピエール・デ・コール 00:50 1,971
出発都市 トゥール(ロワール) 00:57 2,571
出発都市 マシー 01:31 3,571
出発都市 ブロア 01:20 3,829
出発都市 サヴォニエール 01:13 2,357
出発都市 トゥアール 01:04 2,129
出発都市 ソーミュール 00:19 1,286


列車で巡る周辺地域 アンジェから、周辺の都市や小さな町へと出かけませんか。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

到着都市 シュミレ 00:32 1,286
到着都市 ソーミュール 00:35 1,286
到着都市 アンスニ 00:41 1,500
到着都市 サブレ 00:43 1,286
到着都市 Cholet 00:48 1,629
到着都市 ナント 01:10 1,929
到着都市 サヴォニエール 01:13 2,357
到着都市 ル・マン 01:20 2,071
到着都市 マシー 02:47 2,857
到着都市 レンヌ 03:27 3,571
到着都市 トゥール(ロワール) 03:28 2,100
到着都市 トゥアール 03:33 2,129
到着都市 マルヌ・ラ・ヴァレ 03:52 2,857
到着都市 サン・ピエール・デ・コール 04:01 1,971
到着都市 ブロア 04:08 2,800
到着都市 パリ 04:09 2,857
到着都市 リール 04:41 3,571
到着都市 シャルル・ド・ゴール国際空港 04:53 2,857
到着都市 サン=ジェルマン=デ=フォセ 05:33 7,971
到着都市 ニーム 06:56 11,286
到着都市 ストラスブール 06:57 13,714
到着都市 ジュネーブ 07:43 13,571
到着都市 アヴィニョン 08:09 6,429
到着都市 リヨン 08:13 3,571
到着都市 エクス・アン・プロヴァンスtgv 08:32 12,143
到着都市 マルセイユ 08:47 8,143

町に滞在中

建築と装飾用織物が紡ぐ歴史の町アンジェ

フランス北西部の都市アンジェ。約15万人が暮らすこの町は、中世イングランドのプランタジネット朝ゆかりの土地であり、この地から同王朝の偉大な王と女王を輩出しました。アンジェはアンジュー帝国の都として栄え、当時の貴重な遺産が今も受け継がれています。

「芸術と歴史の町(Ville d’art et d’histoire)」に指定されるアンジェは、観光をするにしても、ここで暮らすにしても、とても寛げる町です。メーヌ川沿いに建つ巨大なアンジェ城は、新石器時代や古代ローマが支配したガリア時代の遺跡の上に築かれ、13世紀に建造が始まった17もの円塔を持つ重厚な城塞です。城内の最大の見所はタピスリー(装飾用織物)のコレクション。世界最大の「ヨハネの黙示録」をテーマにした、長さ100m以上のタピスリー(14世紀制作)は必見です。このほか、この地域特有のプランタジネット様式(アンジュー様式)のサン・モーリス大聖堂も見逃せません。木骨組みの家々を眺めながら細い路地を散策しましょう。

鉄道駅

鉄道:ヨーロッパでは、都市や町への移動は鉄道が便利です。すべての主要な町には鉄道駅があり、大都市には2つ以上の鉄道駅があります。また、ほぼすべての鉄道駅は市街地中心部に位置しています。アンジェの鉄道駅をトラベルマップでご確認ください。


 


トラベルマップ

近郊都市

フランスの主要都市


クチコミ

  • "地方路線へ乗り継ぎ"    
    TGVからの乗り継ぎ時間が16分でした、日本だったら余裕なのですが、少し不安がありました。しかしTGVも時間通りに着き、杞憂に終わりました。 しかしさすが欧州、鉄道は本数も少なく、止まる駅もまちまちです。帰路、出発を早めようとしましたが40ユーロ追加になるというのでやめました。  
  • "久しぶりのTGV"    
    約20年ぶりに乗りました。プリントアウトのチケットに不安を覚えましたが、「案ずるより産むが易し」でした。TGVは新幹線より静か、席も2等でしたがゆったりしていました。フランスの車窓の眺めは単調なのですぐ飽きました。 慌ただしい日程でしたので、インターネットで前売りを買っておいて正解でした。補足ですがプリントアウトしたチケットは自分で検印する必要はありません、意外にガイドブックに書いてないので不安な方もいると思いますが安心して下さい。  
  • "新幹線に比べると"    
    高望みなのは解ってますが新幹線に乗り慣れていると低評価になります。 フランスご自慢のTGVですが、本数が非常に少ない上に座席が固定式で進行方向ウシロ向きの座席に当たるとずっとウシロ向き。 本数が少ないから実質全席予約状態なので、予約した列車を逃す訳にもいかず旅程が縛られて結構不便。 正直、最高速度が速いってだけで交通機関としては新幹線とは比較になりません。  
  • "快適なロワールへの旅"    
    ホテルがモンパルナス駅の目の前だったので、ロワール地方アンジェへの旅を思い立ちました。日本からチケットが取れたので、あとはTGVに乗り込むだけ。行きは一等、帰りは二等でしたが、快適な旅でした。車掌さんがたくさんいて、いろいろ親切にしてくれました。 フランスの4月初めは一気に春が訪れ、車窓からは菜の花畑と緑の小麦畑、風力発電の風車、牧場などの光景がひろがり、ときおり丘の向こうに古城が見えます。アンジェは中世の騎士が飛び出してきそうな町で、歩いて10分のアンジェ城はイギリス軍を迎え撃つ要塞のようにいかつく、遠足の子供たちが上ってあそんでいました。パリに比べて空気がよく、のんびりとできました。  
  • "非常に不満です。"    
    まず、パリ着の飛行機のフライトが遅れたせいで、予約していた電車の時間に間に合わなかったが、乗車券の振り替え等はなく、結局買い直すことになった。また、一等車を買い直したにも関わらず座席も無く、混雑した車内で立っていくことになった。更には列車が遅延して一時間近く目的地到着が遅くなってしまった。TGVに関してよい思いは全くないです。  
  • "便利で快適"    
    観光旅行で、パリ→ナント→アンジェ→パリを利用しました。 TGV利用は初めてでしたが、フランス国内観光旅行の移動手段として便利であることが実感できました。 駅の乗車案内も判りやすく、車内は快適、車窓からの眺めも楽しめました。 Eチケットも問題なく使用できました。 機会があればまた利用したいと思います。 なお、一部区間の座席番号が連番でなかったのですが、実際には向かい合わせの席でした。 不安を持つ向きも想定されるので、サイト上に座席図を登載するなどの対応が望ましいと思われます。