カールスルーエを旅しよう

ドイツ
デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
550万人 2015年のご利用旅行者数
欧州鉄道チケット 取扱い実績No.1!
15,000都市 ヨーロッパ全域を網羅
鉄道旅行 ワンストップ・ショッピング
75年 鉄道の旅とともに
ヨーロッパのエキスパート

概要

ベンツ誕生の町カールスルーエのファンになりませんか?

フランス国境沿いの18世紀に誕生したドイツの町カールスルーエ

18世紀の宮殿を中心にするカールスルーエは、黒い森の大学街として栄えています。 カールスルーエ宮殿の塔に上って、自転車の車輪のように、宮殿の庭園から環状に広がる街の眺めをお楽しみください。ちなみに、この街のニックネームは、「扇の街」です。

について ドイツ

カールスルーエでもっとも有名な場所は、ピラミッドのあるマルクト広場です。1823年に建造されたピラミッドはこの町のシンボルであり、この町を築いたバーデン辺境伯カール・ヴィルヘルムが永眠する墓所でもあります。広場にあるプロテスタント教会は19世紀に古典様式で建てられ、まるでギリシャの神殿のようです。花々や植物が好きな人には、カールスルーエ宮殿の庭園内にある美しい植物園をおすすめします。植物園は別館オランジェリーの近くにあります。カールスルーエはナイトライフも活気に溢れています。有名なブラッセリーHoepfnerやビヤガーデンで過ごす一時は、きっと忘れられない想い出になるでしょう。

鉄道駅

鉄道:ヨーロッパでは、都市や町への移動は鉄道が便利です。すべての主要な町には鉄道駅があり、大都市には2つ以上の鉄道駅があります。また、ほぼすべての鉄道駅は市街地中心部に位置しています。カールスルーエの鉄道駅をトラベルマップでご確認ください。

町に滞在中

Reviews

  • お得感
    便利さ
    3時間半で楽しんだ鉄道の旅 |
    "3にんでBOXに座り、ランチをしながらの楽しい旅でした。 あっという間にパリに着き、びっくりしました。 帰りは少し遅れましたが、予定通りにカールスルーエにつきました。かえりにコーヒーが品切れで飲めなかったのが残念でした。 "

  • お得感
    便利さ
    ICE |
    "Baselで乗り換えました。テロのせいか、Baselを出発すると武装した警官が見回っていました。また、駅に停車するたびに車掌がチケットをチェックにまわっていました。これも国民性でしょうか。 座席の棚のところに自分の予約区間が表示されていて、よかったです。また、座席のポケットに、列車の運行に関する情報(どの駅に何時に到着するか)を示した表が入っていました。 この2点は、日本のJRにも導入してほしいなと思いました。 "

  • お得感
    便利さ
    快適 |
    "チケットにはValidateが必要である旨記載されていて、以前の経験からも先ずその場所を駅で探した。場所を発見して係員にチケットを提示して「Validateして」と頼んだところ、チケットに使用日時・場所が記載されているので不要だと言われた。乗車後、到着近くに検札が来て、チケットを示したら1枚目は見ただけ、2、3枚目の乗車券部分は、日付が指定されていなかったためか、検印した。ケースバイケースなのだろうか。日本ではやらないので、validateについてはかなり気を使っているのだが、チケットそのものに要・不要を表示できないのだろうか。出発が10分遅れたが許容範囲だろう。 "

  • 快適さ
    お得感
    便利さ
    1stクラスに割引運賃が残っていた |
    "先日来の大雪で交通機関は大いに乱れていた。パリまでのフライトは幸い1時間程度の遅れで TGVにも間に合った・・・と思っていたのだが、むしろTGVの乱れが深刻。ストラスブルグから先の乗り継ぎも様子が読めない。ドイツと違って時刻表にはホーム番号の記載はなく、当日駅でも直前まで入り番線が分らない。私より欧州人旅行者達の方が余程右往左往している。慣れない日本人旅行者にはさぞ不安なことだろう。 今回は 1stクラスに割引運賃が残っていた。2ndクラスの普通運賃よりはるかに安い。鉄道も空路並の事前販売型格安料金を準備し事前に旅程が決まっている人は大変便利。道路,鉄道,空路を比較して最良の交通手段を選択することになる。 "

  • 空路便より鉄道便が便利 |
    "空路便もあるこの区間でも鉄道移動が結構便利。TGVではないがそれでも2時間も掛からない。ジュネーブを出て次ぎの大きな街だなと思えば、列車はもうリヨンの街を Part Dieu駅に向かっている。前後の無駄時間を考えれば返って列車の旅の方が便利だ。車窓から見える雑木に覆われた丘陵の続く東仏の風景にも味わいがある。この間、結局検札がなかった。改札のない欧州の鉄道システムでは駅へ着いて列車に乗ってから車内で切符を買っても何の問題もない。付加される車内販売手数料も安いもので、満席を恐れるシーズン以外は何の心配もない。だけど車掌が現れないなら探しに行かねば、無賃乗車をしてしまった自分に自責の念を感じることになる。 "