カンペール

チケット検索
<->

概要

ぜひ訪れたいブルターニュの魅力的な町カンペール フランス西部ブルターニュ地方カンペールは、フィニステール県西端にあって、ブレストから56㎞ほど南東にある人口6万3000人ほどの町です。

フランスについて


列車での行き方 カンペールへは、レンヌやサヴネ、ナントからアクセスできます。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

出発都市 パリ 04:13 4,286
出発都市 シャルル・ド・ゴール国際空港 05:35 13,714
出発都市 ボルドー 07:17 6,857
出発都市 レンヌ 02:03 4,143
出発都市 サヴネ 02:08 4,714
出発都市 ナント 02:11 2,143
出発都市 ル・マン 03:26 5,286
出発都市 ルドン 01:27 3,357
出発都市 ロリアン 00:33 1,486
出発都市 カンペルレ 00:26 1,286
出発都市 ランデルノー 00:58 2,143
出発都市 ヴァンヌ 01:01 2,357
出発都市 ケストンベール 01:25 3,457
出発都市 ブレスト 01:04 2,457
出発都市 シャトーラン 00:22 1,286


列車で巡る周辺地域 カンペールから、周辺の都市や小さな町へと出かけませんか。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

到着都市 シャトーラン 00:23 1,286
到着都市 カンペルレ 00:30 1,286
到着都市 ロリアン 00:46 1,457
到着都市 ランデルノー 01:06 2,143
到着都市 ヴァンヌ 01:56 2,314
到着都市 オーレ 03:15 2,029
到着都市 ブレスト 03:17 2,029
到着都市 ルドン 03:30 3,100
到着都市 レンヌ 03:56 4,143
到着都市 ケストンベール 04:02 2,686
到着都市 サヴネ 04:47 3,743
到着都市 ナント 05:10 2,143
到着都市 パリ 05:52 4,286
到着都市 ル・マン 06:16 5,286
到着都市 シャルル・ド・ゴール国際空港 07:01 10,714

町に滞在中

ぜひ訪れたいブルターニュの魅力的な町カンペール

フランス西部ブルターニュ地方カンペールは、フィニステール県西端にあって、ブレストから56㎞ほど南東にある人口6万3000人ほどの町です。

カンペールは生活するにも観光で訪れるにも、大変居心地のよい町です。
。「芸術と歴史の町(Ville d’art et d’histoire)」に指定され、フランスでもっとも花に彩られた町のひとつとも言われます。古くからカンペールは商業の町でした。その名残は今も見られ、石畳の街路には小さなショップがずらりと並びます。サン・コランタン大聖堂やバター広場など文化的価値の高い歴史遺産も少なくありません。町中を歩いているだけで楽しくなるでしょう。また、ロクマリア地区で誕生した陶磁器カンペール焼きはよく知られた存在です。アンリオ・カンペール(H.B.アンリオ)陶器工房もぜひ見学してみてください。

鉄道駅




トラベルマップ

近郊都市

フランスの主要都市


クチコミ

  • "日本での予約、チケット受領"    
    日本での予約、チケット受領ができ、とても便利でした。チケットも予約後すぐ送られて来ましたし、料金もヨーロッパで購入することを検討しましたがそれより安いくらいでした。 鉄道も、きれいな車両で遅れもなく、快適でした。 一つチケット予約で、これから改善できるのなら、お願いなのですが、TGVでは、4人で向かい合わせで座る席の車両と2人ずつかける車両がありました。2人連れの旅行でしたが、往復とも、4人がけで、前に体格の良い外国人がいて、長時間ということもあり、向かい合わせは、体も、気持ちも、窮屈な気がしました。2人で予約の際は、2人がけを基本にしていただけるか、希望が聞かれるかになるといいと感じました。  
  • "TGV1等車"    
    場合によっては2等より安い1等。 楽ちんゆったりです。  
  • "TGV"    
    8日間のレールパスを買って行ったが、フランス南部のTGVは検察も来ない列車が 多く、レールパスに日付を記入したのは2回のみ。 中、北部のTGVはちゃんと検察が 来るものの、日付を記入せずにチェックするだけ。 結局日付空白のまま帰国すること になった。 南部の列車の車内放送はフランス語のみで、英語の放送がないので駅名を聞き逃さない 様に注意が必要。 パリ周辺の列車はフランス語、英語、スペイン語の放送がある。  
  • "正確さと快適さ"    
    夏のバカンスシーズンでフランス人の旅行客も多い時期、パリからブルターニュのカンペールへ、またパリに戻ってストラスブールへ移動した。飛行機事故や鉄道事故が続いていたので、多少の気がかりはあったものの、予約していた列車はすべて時刻通りで快適な旅行になった。一回、TGVの列車を一本早めたくて、駅の窓口で相談したところ、若い職員は英語で適切に対応してくれた。コスト面から考えても列車移動はとても効率的なことを再確認した。  
  • "フランス思いつき一人旅"    
    忙しい仕事の合間、取りあえずパリ4泊6日のフライトと宿泊だけを押さえていました。直前になり、ブルターニュの友人の所だけでも訪ねようとカンペール往復をRialeuropeを利用して予約しました。以前も利用し、その使用感に満足していたからです。今回もトラブルなく、チケットを手にモンパルナス駅から片道4時間車窓の景色と車内の雰囲気を楽しんできました。頑張っている自分へのご褒美を演出してくれました。