ザンクトガレン

チケット検索
<->

概要

有名な修道院図書館のあるザンクトガレン

について


列車での行き方 ザンクトガレンへは、ルツェルンやベルン、ローザンヌからアクセスできます。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

出発都市 ミュンヘン 03:08 9,657
出発都市 チューリヒ 01:02 4,657
出発都市 ジュネーブ 04:08 12,429
出発都市 ルツェルン 02:15 6,400
出発都市 ベルン 02:21 10,371
出発都市 ローザンヌ 03:30 12,914
出発都市 ブッフス 00:49 2,371
出発都市 クール 01:22 3,971
出発都市 ヴィール 00:21 1,486


列車で巡る周辺地域 ザンクトガレンから、周辺の都市や小さな町へと出かけませんか。お得な料金、および所要時間は以下の通りです。

到着都市 ヴィール 00:28 1,486
到着都市 ブレゲンツ 01:01 2,000
到着都市 ブッフス 01:05 2,371
到着都市 チューリヒ 01:12 4,657
到着都市 クール 02:04 3,971
到着都市 ベルン 02:20 10,371
到着都市 シャフハウゼン 02:28 3,829
到着都市 バーゼル 02:28 6,086
到着都市 ルツェルン 02:53 6,400
到着都市 ミュンヘン 03:26 9,657
到着都市 ローザンヌ 04:10 11,629
到着都市 ジュネーブ 04:51 12,429

町に滞在中

有名な修道院図書館のあるザンクトガレン

スイス東部のボーデン湖とアッペンツェルの間に位置するザンクトガレンは、中世の雰囲気を今に伝える町並みが残されています。町のシンボルでもある修道院は世界遺産に登録されています。

車両通行止めの旧市街を散策して、さまざまな花でカラフルに彩られた窓辺の風景をお楽しみください。修道院と付属の中世の図書館はザンクトガレンのシンボルです。

パートナー企業


鉄道駅


トラベルマップ

の主要都市


クチコミ

  • "初めてのポルトガル旅行"    
    ゆっくりとした旅行で非常に良かったです。 くつろぐことが出来ました。 また来たいです。  
  • "指定でとった席がなかった"    
    パリからブザンソンへの行の列車は一等車を指定していましたが、実際にチケットで指定された車両は二等車でした。車掌によればシステムのエラーとのことでしたが、車内での対応は悪く、一等車に移動して席が空いていれば勝手に座れと言われ、わざわざ予約したのにとても不快な思いをしました。他にも同じ目に合っている乗客がいましたが、この人たちも含め、一等車の人たちも席が隣同士になるように融通してくれたり、旅先で人々の温かさに触れたのが唯一の救いでした。  
  • "バルセロナからジローナへの移動"    
    バルセロナサンツ駅からジローナまでRENFEスペイン高速鉄道を利用しました。サンツ駅の荷物検査が少し混んでいましたが、余裕を持って駅に着くようにしましたので、特に困ることはありませんでした。  
  • "4時間遅れ"    
    パリからボルドーまでの往復チケットを予約したのですが、往きで4時間の遅れになった。モンパルナス駅で4時間止まっていて、事情も理解できず、ただ待つばかりでした。でも1stを取っていたので、多少は救われた感じです。  
  • "ローマからフィレンチェ日帰り"    
    個人で行きましたが、車内アナウンスが無く到着時間と周りの方に聞きながら目的の駅で降りました。 初めて利用しましたが特に問題なく利用できました。 座席の頭の部分の匂いが気になり、できるだけ頭を付けない ようにしていました。また、帰りの列車は尿臭がきつかったのですが、トイレのドアが開いたままだったようです。 駅のトイレは有料です。Wifiは設定が難しく、日本でレンタルしたものを使用しました。  
  • "予約分は全て後方向き座席でした."    
    titleに書いた通りで,この点が頗る残念でした.AVEの座席配置は前にも利用して知っていましたが,方向を指定出来たらよかった. 予約による安心感はコストパフォーマンスに反映します.当然満足ですが,このアンケートではレスポンスを拒否され,表示できませんでした.  
  • "WIEN旅行"    
    ドイツからの移動に利用しました!子供もいましたが、快適な列車の旅でした!日本から簡単にチケット予約が出来るので良かったです。  
  • "快適"    
    車両もあまりなく、一等車はどこにでもも座れるので座席を探す心配もあまりなく空いていて良かったです。  
  • "車両と座席のわかりにくさ"    
    往きも帰りも車両と座席がわかりにくくホームには駅員も係もいないので、荷物を持ってフランス人に聞きまくり、親切な外国人に荷物を持って案内してくれました。後で二階席と一階席のちがいがあることが解りました。  
  • "EUR鉄道の旅"    
    今回は、パリを起点にロンドン、ジヴェルニー、ルマン、ナンシー、ランス、リュ(知人の結婚式)の往復6回(1st)すべてRAILEUROPEで予約しました。全く問題なく快適な鉄道旅行でした。40年前の学生の時、ユーレイルパスで1か月旅行したのを、 思い出しました。  
  • "快適"    
    一人でしたので一人席で快適でした。1等車は食事も付くのですね。  
  • "途中停車"    
    パリからボルドーの途中で3時間半も停車して、ボルドーまで7時間、日本のように返金は無いのですね。  
  • "マドリッド→セビージャ"    
    マドリッドからセビージャ区間を利用しました。 マドリッド空港からアトーチャ駅までの移動時間が心配だったので飛行機到着予定時刻から3時間後発車のAVEを予約していましたが、2時間でも間に合いそうです。1時間あまったので、アトーチャ駅でのカフェ?でビールとタパスを楽しむことができました。 乗る列車によって料金変動の幅が大きいですが、料金がそんなにも敏感に乗り心地や便利さに影響しない印象です。  
  • "アトーチャからAVEでトレドへ"    
    ネットで調べると当日購入はかなりハードル高そうなので前日に時間を作って購入しようかと思っていましたが、レイルヨーロッパを知り日本での事前購入に初挑戦。購入はすんなり簡単。購入後不安点があり日本のオフィスへ電話をしたのですが親切に答えていただき不安解消。無事憧れのトレドに行くことが出来ました。 まだまだヨーロッパ各国を旅行したいので是非また使いたいと思っています。  
  • "とても快適でした"    
    ボルドーに滞在。帰りのパリまでのルートにTGVを利用。出発前に日本から座席指定の切符を購入できたのは、とても便利でした。  
  • 0 15 30 45 60 75 90 105 120 ...