ベネルクスを旅しよう

デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
人気の路線
アムステルダム ロッテルダム
00:36
2,029
ユトレヒト アムステルダム
00:24
1,000
ケルクラーデ・セントラム アムステルダム
03:13
3,457
デン・ヘルデル アムステルダム
01:14
1,914
レリースタト アムステルダム
00:36
1,343
アムステルダム カストリウム
00:23
743
ホーヘベーン アムステルダム
00:33
3,029
アムステルダム ヘーレンフェーン
01:56
3,171
ブリシンゲン アムステルダム
02:52
3,457
エーデ・ワーゲニンゲン アムステルダム
00:54
1,886
ルールモント アムステルダム
01:53
3,114
アムステルダム フローニンゲン
02:07
3,429
ローゼンダール アムステルダム
01:48
2,857
デーヴェンター アムステルダム
01:10
2,343
ハーレム アムステルダム
00:18
571
アムステルダム アルクマール
00:36
1,000
アルンヘム アムステルダム
00:56
2,200
ネイメーヘン アムステルダム
01:24
2,514
メッペル アムステルダム
01:24
2,800
マーストリヒト アムステルダム
02:24
3,429
アムステルダム フーク・ファン・ホラント
01:14
3,771
ヘンゲロ アムステルダム
01:57
4,286
アムステルダム オス
01:36
2,371
グス アムステルダム
02:30
3,343
エイントホーベン アムステルダム
01:20
2,571
アムステルダム シッタート
02:10
3,343
アムステルダム セルトーヘスボス
00:59
2,029
ブレダ アムステルダム
01:42
2,714
レーワルデン アムステルダム
02:15
3,400
ミデルブルグ アムステルダム
02:45
3,429
アムステルダム デルフト
00:55
1,743
アムステルダム アーメルスフォールト
00:34
1,143
アムステルダム アッセン
01:49
3,286
バールン アムステルダム
00:37
943
アペルドールン アムステルダム
00:59
2,057
アムステルダム ハイロープ
00:30
886
Overview

ベネルクス3カ国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)を訪れるなら、ぜひ鉄道をご利用ください。

ベネルクスとはベルギー、オランダ、ルクセンブルクという欧州にある3つの隣接した国々のこと。各国内ではベルギー国鉄(NMBS/SNCB)、ルクセンブルク国鉄(CFL)、オランダ鉄道(NS)がそれぞれ列車を運行しています。フランスやドイツなどベネルクス周辺国への国際路線も充実しており、ベネルクスの主要都市へは鉄道が乗り入れています。ベネルクス各地を訪れる鉄道チケットは日本で事前に予約することができます。まずは鉄道チケットのご予約を。

街の景観

ベネルクス3カ国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)を鉄道で旅しませんか。それぞれはとても小さな国ですが、いずれも個性豊か。アムステルダムの運河沿いを颯爽とサイクリングしたり、ブリュッセルのグランプラスの威容にしばし見とれたり、ルクセンブルクの都心部にある渓谷からの絶景を楽しんだり。1枚の鉄道パス「ユーレイル ベネルクスパス」で3カ国を巡る旅へと出かけましょう。

代表的な風景

ベネルクス3カ国を巡る列車は、アルデンヌの森やオランダの風車、フランドル地方の古戦場などを一気に走り抜けます。ベルギーのゴツゴツとしたビーチはサーファーに大人気。ルクセンブルクでは「赤岩の地」に魅せられるでしょう。オランダ北部オーフェルアイセル州やドレンテ州にも足を延ばし、青々とした野原と透き通った水を湛える湖の数々を巡ってみませんか。

お土産に

オランダでは、ゴーダやエダムといったその町の名がつくチーズを買って、オランダを代表する画家フェルメールの故郷デルフトでは、鮮やかな藍色の絵付けが印象的なデルフト焼きの陶器をお土産にいかがでしょう。ベルギーのアントワープでは高級ブランド品をショッピング。世界的に知られたベルギーチョコレートやルクセンブルクのフルーティな味わいのモーゼルワインはお土産にも最適です。

グルメ&ドリンク

オランダ名物はパンケーキハウスのパンネクッケン。アムステルダムの屋台で売られる生のヘリング(ニシン)も、ぜひご賞味ください。ベルギーではアルデンヌ地方のパテやフランドルのワッフルを。もちろん、世界に名高いベルギービールも忘れずに。ルクセンブルクの特製料理は白ワインのソースをかけたマス料理です。

新しい楽しみ方

車窓から眺めるだけでも多彩なベネルクスの風景は思い出深いものになります。ブリュッセルから本線に乗って、アルデンヌ地方を通り抜けてルクセンブルクまで走れば、人里離れた森や広々とした草原、小さな村々、ブドウ畑といった風景が次々と目の前に現れ、飽きることはありません。


トラベルマップ

マップ上の都市を選び、自分だけのオリジナルな旅行プランを作ろう
スタート!

あと少し!

ベネルクスを含む人気の高い鉄道パスから選択する

鉄道商品: ベネルクス

人気都市はココ! ベネルクス

主要な鉄道駅: ベネルクス

近郊都市

のクチコミ

クチコミ&評価

  • お得感
    便利さ
    素晴らしかった |
    "快適で素晴らしかった。雑誌にeチケットを搭乗用のチケットに変える必要があると書いてあったが、そのままeチケットで乗車することができた。 "

  • お得感
    便利さ
    フランクフルト中央駅のラウンジ |
    "ICEへの乗車前にフランクフルト中央駅のラウンジを利用しました。 飲み物・軽食が無料で提供され、夕方の5時過ぎだったので、地元客も多く大変にぎわっておりました。 異変貴重な経験ができたと満足しています。 "

  • お得感
    便利さ
    移動は快適でした |
    "当初乗るはずだった列車がキャンセルになったのであせりましたが、1時間以内に振替列車を使えたので安心しました。ただ乗換後のTGVも遅れたので合計1時間半時間ロスが残念でした。 乗り心地や設備はきれいで快適でした。TGVのトイレにトイレットペーパーがついていないので要注意です。(DBはある!) 予約サイトが見やすく早期予約で安くチケットが取れたのはよかったです。 "

  • お得感
    便利さ
    ストラスブールのクリスマス |
    "フランクフルト空港で飛行機を降り、ICEでマンハイムに行き、そこから、TGVでストラスブールに行きました。往復のTGVのみ、レイルヨーロッパで予約し、ICEは航空会社経由で、乗車券のみ取りました。 TGVは行きも帰りも、定刻通りに運行しており、速くて快適でした。 "

  • お得感
    便利さ
    もう一工夫欲しい |
    "12月の車内はかなり寒く1等車でも毛布などの準備はなく、他の外国人も車掌に車内温度についてクレームしてた。 座席の向きの変更ができないため、到着まで後ろ向きでの走行で、ここはUSJか?て感じでした。 "

  • お得感
    便利さ
    快適でしたがwifiがなくて困りました |
    "発車時間は正確で、快適だったのですが途中で遅れがでてきて結局1時間45分の遅れがありました。仕事で使っていたのですが、連絡をwifiに頼っていた為に電車にwifiがなくお迎えの方がとても心配しておりました。 ユーロスターと、他のヨーロッパの列車にはwifiがあったのですが、TGVにはないのでしょうか、、、。 "

  • お得感
    便利さ
    移動手段として便利かも |
    "事前に列車のレイアウトの開示がほしい。大きなスーツケースの置き場に戸惑った。指定の座席が進行方向と逆でおまけに壁で景色を楽しむことができない。単なる移動手段でしかないのでつまらない。 "

  • お得感
    便利さ
    快適 |
    "寝台車からの乗り換えでした、寝台車が窮屈で酷かったので広い座席で快適にパリに向えました。 "

  • お得感
    便利さ
    やはり危険ですから注意してください。 |
    "Strasburgに到着10分前に突然現れた、アフリカ系の男性をずっとチェックしていました。私の目の前で、ドイツ人のご婦人のハンドバックをひったくりました。私が大声でさけんだところ、ほぼ乗客全員のドイツ人男性たちがたちあがり、泥棒の逃げ道をふさぎ、お縄となりました。 また、子供と列車のトイレに入っていますと何度もトイレの扉をたたかれたので開けてみると、機関銃をかまえたおまわりさんが、我々に銃口をむけていました。 緊張感を持ってご旅行されてください。 "

  • お得感
    便利さ
    1等車で快適! |
    "約4か月前に4席を予約。 大人2名+子ども3名(1,5,8才)の5名で乗車。 パリ東駅からフランクフルト中央駅まで4時間を快適に旅することが出来た。 リクエストは出来ないが、2階建車両の2階で4席向い合せの席でした。11号車だったのでホーム入ってすぐの車両でした。 2席列+1席列なので通路は広く、空間が広く静かで快適。 子連れでしたが、子どもたちは疲れて寝ていたの周りに迷惑は掛かりませんでした。1等車といっても旅行者が多いので、それ程周りに気を遣う必要はなさそうです。 スーツケースの置き場もタップリあったので、ゆったり置けました。 昨年、同じ列車の2等車を予約したのですが、ホームの一番遠くの車両で、荷物引っ張りながらやっとの思いで乗車しました。 しかも、荷物を置くところがすでにない!! 日本人なので奥ゆかしくイジイジしていると、若者が手伝ってくれて、 人の荷物の上にボ~ンと投げおいてくれました。 残りは足元に置いたりして苦労しました。 おまけに、ギッシリ満席で息苦しい感じがしました。 ところが、食堂車に移動するさいに通ったら、他の車両は混んでいない! 早いチケットで安くとったので、なるほど私たちの車両は安 "

  • 0 10 20 30 40 50 60 70 80