スロヴェニアを旅しよう

デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
人気の路線
マリボル リュブリャナ
01:52
イェセニツェ リュブリャナ
00:51
1,600
リュブリャナ Lesce Bled
00:40
Overview

スロヴェニアの鉄道網は国土の大半を網羅していますので、国内の移動は列車が便利です。

スロヴェニア国内をカバーする鉄道会社は、スロヴェニア鉄道(SŽ)です。国内には総延長1200km超の鉄道路線網が整備されており、主要都市であるリュブリャナ、ブレッド、マリボルなどはいずれも列車でアクセスできます。また、オーストリアやクロアチアといった隣国への国際路線も運行されています。スロヴェニア国内の鉄道チケットは日本で事前に予約することができます。まずは鉄道チケットのご予約を。

街の景観

首都リュブリャナはスロヴェニアで唯一の都会ですが、とてものんびりとした絵に描いたように美しい町です。各時代の素晴らしい建築群とトレンディーな若者文化に触れたら、スロヴァニア鉄道(SZ)で国内最大の町マリボルへ。世界最古のブドウの木があり、たくさんのショップやマーケットが営業しています。町を流れるリュブリャナ川沿いの眺めは、この町をとても印象的にしています。

代表的な風景

真っ白な雪を頂くアルプスの山々でスキーをして、紺碧のアドリア海で泳ぐといったことが1日でできてしまうのがスロヴェニアです。国土の狭さがこれを可能にしているのです。また、近代的で効率的な鉄道システムが構築されているので、町中を簡単に巡ることもできます。

お土産に

観光地ポストイナ鍾乳洞や世界遺産に登録されるシュコツィアン鍾乳洞の神秘的な世界を経験したら、ギフトショップでお土産を。これら鍾乳洞は、首都リュブリャナから列車でいずれも1時間ほどでアクセスできます。もちろん、リュブリャナはショッピングするのに最適な町でもあります。

グルメ&ドリンク

スロヴェニア料理はこってりとした味付けで、肉をふんだんに使います。特徴のある郷土料理が多く、イタリアのプロシュート(生ハム)に似たクラシュキ・プルシュト(Kraški pršut)やシュトルク(=štruklji、ダンプリング)はぜひご賞味ください。甘いお菓子としてのシュトルクのほか、野菜や肉などを使ったシュトルクの具は70種もあるといわれています。地ビールを飲みたくなったら、首都リュブリャナから普通列車で30分ほどのドムザーレへ。

New Perspective

トリグラウ国立公園では、カヌーやラフティング、パラグライダーが楽しめます。


トラベルマップ

マップ上の都市を選び、自分だけのオリジナルな旅行プランを作ろう
スタート!

あと少し!

スロヴェニアを含む人気の高い鉄道パスから選択する

鉄道商品: スロヴェニア

人気都市はココ! スロヴェニア

近郊都市

のクチコミ

クチコミ&評価

  • 便利さ
    初めてのポルトガル旅行 |
    "ゆっくりとした旅行で非常に良かったです。 くつろぐことが出来ました。 また来たいです。 "

  • お得感
    便利さ
    氷河特急とベルニナ急行 |
    "ウェブで予約の際にミスをしてしまい、メールや電話で担当の方に訂正をお願いしたり、大変お世話になりました。 結果的に当初希望通りの列車に乗れました。 氷河特急、ベルニナ急行ともお天気も良く素晴らしい眺めを堪能出来ました。 氷河特急ではランチの予約をしたかったのですが、こちらのサイトでは受け付けていないそうで自分で手配しました。こちらも予約はわかりやすく簡単にできました。支払いは当日車内で現金かクレジットカードで払えます。 絶景ポイントはその時々に車内スタッフも声をかけてくれますし、見逃すことはありません。 几帳面なスイスのお国柄なのか、車内も清潔でスタッフも好印象ですし、何より車窓からの景色が素晴らしく大変満足できました。 ランチについて色々な意見もあるようですが、私は満足でした。おかわりもしてくれますし、味も美味しかったです。 "

  • お得感
    便利さ
    ヨーロッパ鉄道旅行 |
    "アムステルダムからブリュッセルへの移動に鉄道を利用しました。 往きは少し混んでいた上に、座席の狭い車両でしたが、 帰りは広い客室でゆったりできました。 理由はわかりませんが、列車は時刻通りには来ませんでした。 車窓も楽しめたので、今度はもっと時間のある時にまた 鉄道旅行したいと思いました。 "

  • お得感
    便利さ
    チケット予約 |
    "海外(英語)サイトだと購入できるチケットが、日本語サイトだと購入可能なリストに出てこなかった。また電子チケット(プリントアウト)の選択肢がなかったので、海外サイトから購入。少なくとも電子チケットの選択肢はあった方が良い。 "

  • お得感
    便利さ
    ノルウェーの列車 ビールの持ち込みはできません。 |
    "ノルウェーはアルコールに厳しい。ビールを飲みたいと思い、持ち込みました。昼食のときビールを飲もうとしたら車掌に座席では飲めない、食堂車でなら飲めると言われました。ビールを持って食堂車で飲もうとしたら、食堂車で売っているビール以外は飲めないと言われ、結局ビールを取り上げられました。 WiFiがあり、座席にも電源があるなど便利ですが、アルコールにはとても厳しい列車でした。 "

  • お得感
    便利さ
    安心感 |
    "ミラノからパルマまで、往路は遅い時間でしたのでネット予約、復路は当日自販機で購入しました。往路も事前に列車や席が確保されていることで、一人旅でも安心感がもてました。一方で、ネット予約の手数料は、若干割高感がありました。列車の種類によっても価格がかなり異なることは少しわかりにくいですが、全体的には快適でした。 "

  • お得感
    便利さ
    2等車だけど快適だった。 |
    "ベルリン中央駅をだいぶ過ぎても座席がわからずうろうろしている人が多かった。荷物は全て座席の上の棚に上げるので、乗客が協力してあげた。そうしないと通路が確保できない。 テーブル付の対面4人がけで座席はふかふかで快適だった。客車が新しく感じた。 食堂車は一人で接客と料理を担当していたので、時間がかかっていた。風景を見ながらの食事はことのほか優雅だった。 ドイツで1回、チェコで1回、それぞれの国の車掌さんによる検札があった。ドイツ語からチェコ語に国境を超えると急に変わるので、列車の旅のだいご味を味わえた。 たぶん、LCCと比べると割高だが、気軽さは列車が勝る。 "

  • お得感
    便利さ
    ベルリンからドレスデン |
    "現地での切符の印刷はDBの人が助けてくれたので要領がわかり助かりました。ただ持参した印刷物が日本語だったので、英語のほうが良かった。また印刷物の内容が冗長です。後から、メールでモバイル・アプリのことを知らされましたが、PCで予約した内容をモバイルに登録する方法がわからなかった。改善を望みます。 "

  • 便利さ
    快適に到着 |
    "EST駅から次の駅がstrasbourgだった。快適な旅でした。 乗り換えに一度改札を出て確かめえた。何番線(voie)もわかって良かった。 "

  • お得感
    便利さ
    安心を買う |
    "迷った末に申し込みましたが、安心を買うという意味では 素晴らしくいいことだと思います。 "

  • 0 10 20 30 40 50 60 70 80 ...