ブルゴーニュ


チケット検索
<->

列車の概要++

地図を広げてみると、ブルゴーニュ地方はパリとリヨンの間に位置しているのがわかる。主要都市からのアクセスも抜群に良い。ブルゴーニュは芸術と歴史的魅力に富み、他に類を見ないほどの素晴しいワインと美食の地域としてよく知られている。数千年の歴史を物語る名勝や史跡、緑豊かな自然に親しめる場所も多く、訪れる観光客を魅了する。昔ながらの風景が残された田園地帯と見事に融合した町を旅するのなら、ブルゴーニュはまさに最適なデスティネーションといえる。ブルゴーニュ地方の玄関口はディジョン。パリから高速列車TGVに乗って1時間40分でアクセスできる。スイス・バーゼルからは約1時間25分!

ディジョン ディジョン ⇒ ボーヌ ボーヌ ⇒ シャロン・シュル・ソーヌ シャロン・シュル・ソーヌ ⇒ クリュニー ⇒ マコン


ディジョン

ディジョンは歩いて観光するのに最適な町だ。初日は旧市街を心ゆくまで楽しもう。町の散策に強い味方になるのが「フクロウの道」。愛らしいフクロウの絵が描かれたプレートが埋め込まれた道をダルシ広場から辿ると、ディジョンの見どころである教会やブルゴーニュ大公宮殿、17世紀の数々の家並みや博物館などを巡ることができる(ディジョンの見どころを紹介したページもお見逃しなく)。

ディジョンではミシュラン星付きレストランで美食に舌鼓。地元の名産である、シャロレー牛、エスカルゴ、ブレスチキン、有名なディジョン・マスタードはぜひとも賞味した一品。

旅のヒント:ディジョンからブドウ畑に囲まれた「シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ(Château du Clos de Vougeot)」まで足を延ばそう。ここではフランスでも有数の最高の食事が楽しめる。

www.burgundy-tourism.com

ディジョン ⇒ ボーヌ

2日目は列車TERに乗って約20分のボーヌへと出かけよう。ボーヌは美食と文化を愛する人にとって、絶対に外せない町のひとつ。城壁に囲まれた町の中心にあるボーヌ施療院(オテル・デュー)が最大の見どころ。フランドル建築の傑作とされ、ニスを塗った色鮮やかな瓦屋根が印象的だ。ブルゴーニュ地方といえばこのボーヌ施療院を思い浮かべる人も多くいるほど有名な建物だ。ワインの産地ブルゴーニュのセラーでワインを賞味するのも忘れずに。

www.beaune-tourism.com

ボーヌ ⇒ シャロン・シュル・ソーヌ

3日目は再びTERに乗って20分ほどのソーヌ川の港町シャロン・シュル・ソーヌへと出かけよう。サン・ヴァンサン大聖堂の周辺が旧市街。木骨組みの建物が並ぶ町を散策しよう。大聖堂前の広場では金曜と日曜に朝市が立ち、大いに賑わう。ドノン考古学博物館や、ガンベッタ河岸にあるニエプス写真博物館を訪れたら、ソーヌ川のショートクルーズで1日を締めくくろう。

www.chalon-sur-saone.net

シャロン・シュル・ソーヌ ⇒ クリュニー ⇒ マコン

最終日は、フランス国鉄(SNCF)に乗ってシャロン・シュル・ソーヌからクリュニーへ移動。この間、所要約1時間20分。最大規模を誇るクリュニー修道院を訪ねよう。9世紀に渡る修道院としての役目を終え、最高の歴史的遺産として保存されている。美術館を併設し、チーズの塔からは修道院を一望にできる。

クリュニーの散策を終えたら、SNCFの列車に乗ってマコンへ(所要約27分)。ソーヌ河岸のカフェ・テラスでしばし休憩してからウルスラへ行こう。

www.macon-tourism.com

ワイン街道

ブルゴーニュ地方の魅力を満喫し、まさしくこの地方の本質ともいえるワイン、グルメ、建築を堪能できるのがワイン街道。シャブリ、コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、コート・シャロネーズ、マコネーなどなど…。ブドウ畑は南北約250kmに渡ってこの地方に広がっている。ブルゴーニュ・ワイン街道は、いくつかのルートに分けることができる。各ルートを辿っていくと、2種類のブドウ(赤ワイン用のピノノワールや白ワイン用のシャルドネ)から生み出される100もの異なるAOC(原産地統制名称)に出会えるだろう。この地方では年間2億本のワインが醸造されているのだ。

ブルゴーニュのワイン

ワインはブルゴーニュ地方を象徴するものだけれど、ブルゴーニュのワインは1種類だけではない。ブルゴーニュでは、同じブドウの種類であっても、それぞれのブドウ畑とワイン醸造家らの個性と技のハーモニーが一体となり、調和されて数多くの銘柄が生まれているのだ。それぞれのワイン畑の風景や醸造されるワインが多彩なように、ワイン醸造家も多様。ブルゴーニュワインとブドウ畑の楽しみ方も無数にある。ワイン試飲のコースに参加したり、シャトーでワインを買ったり、特別なレジャー・アクティビティを満喫したり、訪れる人たちの目的は異なっても、誰もが満足できる時間を過ごせるのが、ブルゴーニュ地方なのだ。

ブルゴーニュ地方の卓越したワインは、その土壌、この地方だけに見られる特有の気候、多種に富んだブドウに加え、ワイン醸造家たちの匠の技の結晶といえる。これらの要素の完璧なブレンドはテロワールと呼ばれ、世界一流のワインを育んでいるのだ。

ワインセラーとの触れあい

この地域にいる270ものワイン専門家(蔵元)らが、ワイングラスを片手に、訪れた人々を温かく迎えてくれるだろう。目印は「De Vignes en Caves(ブドウ畑からカーブへ)」と書かれた看板。この看板を見かけたら、恥ずかしがらずに彼らのドアをノックし、醸造家のワインに対する情熱に耳を傾けよう。きっと素晴しい人々との出会いがあるはず!

www.vins-bourgogne.fr

フレンドリーなワインバー

「居心地の良い」「カッコいい」「賑やかな」「レトロな感じ」「モダンな雰囲気」まで、さまざまなタイプのワインバーがブルゴーニュ地方には数多く点在する。ワインバーではプロのワイン醸造家がすすめる本物の各種ワインを取り揃えるこれらワインバーは出会いの場であり、友人との語らいの場。滞在中はぜひとも訪れたい。

ワインの秘密に迫る!

ワインの素人でも、ワインが大好きな人も、ワインの専門家であっても、誰もが楽しめて有意義な時間が過ごせるよう、ワインに関するレベル別の学べるワインコースがある。ワインの味わい方を知ったり、専門家からブルゴーニュ地方のワインについて深く学んだりと、1時間のコースから半日、さらに1日以上の時間かけて、ワインへの理解を深める各種コースを用意。これらコースはたとえ家族で参加してもOK。子供向けのアクティビティーもある。

www.burgundy-tourism.com

Events 2012

ブドウの花フェスティバル(Fleurs de Vignes Festival) > 2012年5月20日

1カ所で9つのワイン産地のワインを試飲できる。100以上のワイン醸造家がオーセール(ディジョンから列車で1時間55分)のヨンヌ河岸に集まり、自慢のワインを披露する。無料のワイン試飲や各種イベントも行われる楽しいフェスティバル。

グレートワイン・ブルゴーニュ・フェスティバル > 2012年7~12月

音楽とワインが織り成す、いつまでも記憶に残る瞬間。これこそがシャブリ、ノワイエ・シュル・スラン、ムルソー、ジュヴレ・シャンベルタン、クリュニーで開かれるグレートワイン・ブルゴーニュ・フェスティバルが目指していることなのだ。

約50ものコンサート、ノワイエのインターナショナル・サマースクール、ジュヴレ・シャンベルタンのジャズ・アカデミー、ムルソーのワインを学ぶコースなど、これら30もの魅力のイベントがブルゴーニュ・フェスティバルを盛り上げている。

栄光の3日間 > 2012年11月16~18日

ボーヌ施療院で行われるワインのオークションは世界でもっとも重要で、ブルゴーニュで年に1回開かれるもっとも華やかなワインのイベント。毎年11月にはこのイベントに参加するために世界各地から観光客が集まり、新しいヴィンテージワインの試飲が行われる。ショーやコンサート、屋外での樽作りの実演が行われるなど、町は活気に溢れる。

www.burgundy-tourism.com

人気のルート


ディジョン ボーヌ 00:19 ¥9
ディジョン マコン 00:53 ¥16
シャロン・シュル・ソーヌ ディジョン 00:29 ¥10
ボーヌ マコン 00:52 ¥13
ボーヌ シャロン・シュル・ソーヌ 00:17 ¥9
シャロン・シュル・ソーヌ マコン 00:31 ¥11

人気都市はココ! ブルゴーニュ