ブリュッセルとベルギー南部


チケット検索
<->

列車の概要++

ヨーロッパの中心にあって、オランダとドイツ、フランスに挟まれたベルギーは歴史ある大陸のエッセンスを凝縮したような国。ラテン文化とゲルマン文化の影響を受けた奥深い歴史とユニークなライフスタイルを持っている。

欧州連合(EU)の主要機関が集中するブリュッセルだからこそ、ヨーロッパのさまざまな文化が味わえる。このコスモポリタンな町を首都として広がる国ベルギーは、表情豊かな小国であり、旅心を引きつけてやまない。緑豊かな木々が溢れる田園地帯、レンガ造りの家並みがチャーミングな村、活気溢れる都市、そして心和む食卓を彩る美食の数々。

2012年と2013年は“味わいの年(Years of Taste)”。ブリュッセルとベルギー南部のワロン地方では、小さなレストランでも、星付レストランでも絶品料理が味わえる。ベルギーフライ(ポテト)、ワッフル、チョコレート、600種類ものビールはもちろん、そのほかのにもグルメな各種料理が目白押しだ。

ブリュッセル ブリュッセル ⇒ トゥルネー ⇒ モンス モンス ⇒ ナミュール ⇒ リエージュ リエージュ ⇒ スパ


ブリュッセル

1日目は、カフェやレストラン、美術館/博物館が集中するブリュッセルの歴史地区を散策しよう。ビクトル・ユーゴーが世界でもっとも美しい広場と称したグランプラスや王宮を訪れよう。グランプラスのすぐ外にある、ブリュッセルの反骨精神の象徴となっている小便小僧の像は必見スポット。

グランプラスを横切り、ヨーロッパ最大のアーケードを持つギャルリー・サンチュベールを通って、ベルギー・コミック・ストリップ・センターへ。ここは、まさにコミック文化の殿堂(フランス語圏では、コミックはしばしば“第9番目のアート”と称され、新機軸の芸術分野のひとつと認識されているようだ)。ブリュッセルはショッピング好きにはうってつけの町。若者向けブランド店が並ぶヌーヴ通り、アンティークならサブロン地区、蚤の市が開かれるジュ・ド・バル広場、高級ブティックが並ぶトワゾン・ドール通りはおすすめのショッピングエリア。

www.bnbbrussels.be | www.visitbrussels.be

ブリュッセル ⇒ トゥルネー ⇒ モンス

2日目は、ブリュッセルから列車に乗って約1時間、王宮とノートルダム大聖堂で知られたトゥルネーへ。世界遺産にも登録される5つの塔を持つノートルダム大聖堂、ベルギー最古の鐘楼などは、トゥルネーで一番よく知られた中世の建築群。その巨大さは圧巻。ここから列車で約25分、歴史が刻まれた町モンスへ向かおう。由緒ある風俗や文化、伝承がいまでも息づく町で、ここはワロン州が誇る文化の主都ともいえる。モンス美術館とバロック様式の鐘楼(世界遺産)は必見スポット。

モンス ⇒ ナミュール ⇒ リエージュ

3日目は、モンスから列車で1時間5分のナミュールへ。雰囲気のあるチャーミングな路地を散策し、シタデル(城砦)を見に行こう。歴史ある学生の町ナミュールは徒歩で巡るのが最適。ランチはナミュール名物のエスカルゴ(Petit Gris)を。これを食べずしてナミュールを離れることはできないのだ! 午後、列車に40分ほど乗って、かつて司教領主都として繁栄を極めたリエージュへ。壮麗な教会群と見ごたえある数々の博物館や美術館が点在する。夜は町へと繰り出そう。この地域でもっとも活気溢れるナイトライフが体験できるのだそう。

リエージュ ⇒ スパ

最終日の過ごし方はお好みのまま。新鮮な空気をいっぱい吸ってのんびりとしたいのなら、静かな森に囲まれた温泉地、その名もスパへ行こう。リエージュから列車で53分。スパ(温泉)の語源にもなったというスパ(療養目的の温泉)発祥の町だ。歴史が好きなら、ナポレオン1世率いるフランス軍が敗れたワーテルローの戦いの戦跡(列車で1時間40分)まで足を延ばしてみるのもいいだろう。

www.belgium-tourisme.be

人気のルート


リエージュ ブリュッセル 00:41 ¥19
ブリュッセル ナミュール 01:03 ¥13
ナミュール リエージュ 00:39 ¥13

人気都市はココ! ブリュッセルとベルギー南部