ジャーマンレイルパス

¥20,900 ドイツ:DB

ジャーマンレイルパスが20%割引き
スペシャルサマーキャンペーン中のジャーマンレイルパス(10日間、15日間)でドイツ周遊の旅へ行こう! キャンペーン期間中の2017年9月28日までにジャーマンレイルパスを購入すると、20%割引きに。パスのご利用期間は2017年10月31日まで。
ご利用条件はこちら

ジャーマンレイルパスを予約
?
お1人様の料金
ご利用条件
料金表

特徴とメリット

  • ドイツ鉄道に乗り放題。加えてブリュッセルやプラハ、オーストリアとイタリアの都市への特定の列車やバスでの旅にも有効です。
  • 2人で同一行程を旅する際に適用されるお得なツインパスがあります。
  • 12歳未満の子供は無料です。
  • ユース(12 - 27)向け割引きがあります。
Review & Ratings (36)
快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

44件のレビュー

Overview

ジャーマンレイルパスを利用して、ヨーロッパでも人気の高いドイツの旅を存分に楽しみませんか。ベルリン、ミュンヘン、ライプツィヒ、フランクフルトなど、ドイツを代表する都市を訪れたら、国境を超えて隣国の町へと出かけましょう。きっと旅の思い出が増えるはず。ジャーマンレイルパスは以下の都市を訪れることができます。

  • 高速列車ICE(国際線)を利用して、ドイツからベルギー・ブリュッセルへ
  • ユーロシティ(DB-OBB)を利用して、オーストリアのクフシュタインやインスブルックへ
  • ユーロシティ(DB-OBB)を利用して、イタリアのボルツァーノ、ヴェローナ、ボローニャ、ヴェネツィアへ
  • ミュンヘンまたはニュルンベルク発のドイツ鉄道ICバス(DB IC Bus)を利用して、チェコ・プラハへ
  • ベルリン発のドイツ鉄道ICバス(DB IC Bus)を利用して、ポーランド・クラクフへ

ジャーマンレイルパスがあれば、いつでも、どこからでも列車に乗って、自由気ままに鉄道の旅が楽しめます。有効期間内であれば、何度でも、距離に関係なく、列車に乗ることができます。どれだけ乗っても鉄道パスの料金は同じです。

現地での思いがけない出会いから行き先を変更したり、地図を見ていて突然思い立ってある町へ訪れたくなったり。そんな時、いつでも最寄りの駅から列車に飛び乗って出かけることができるのも鉄道パスの魅力です。高速列車ICE、インターシティ(IC)、ユーロシティ(EC)にご乗車の際には、座席指定などを別途購入する必要はありません。ただし、ICEスプリンター、フランスを結ぶICE国際線、ベルリン-ワルシャワエクスプレス、シティナイトラインにご乗車の際には別途、座席/寝台指定が必要となります。ジャーマンレイルパスには、割引特典もありますので、「知っておきたいあれこれ」の項目をご参照ください 。

ジャーマンレイルパスには、ホテル宿泊料が割引になったり、バスにも割引料金が適用されるなどのボーナス特典があります。また高速列車に乗車の際に座席指定券を別途購入する必要はありませんので、さらにお得に旅を楽しめます。

旅行計画をしっかり立ててから旅する人も、とりあえず現地に行ってから出会いや発見の旅を楽しみたい人にとっても、ジャーマンレイルパスは、ドイツとその周辺国で思い通りの旅を可能にし、思い出深い旅行を演出してくれます。

知っておきたいあれこれ

パスの使用対象者

ヨーロッパ圏外に居住する旅行者が、ジャーマンレイルパスを購入、使用できます。 ロシアとトルコに居住する旅行者は、このパスを購入、使用できませんので、ご注意ください。

座席/寝台指定

「座席指定」をすると、ご利用の列車で必ず座席が確保されます。

高速列車、国際列車、夜行列車では、座席/寝台指定が必須となります。有効な鉄道パスでこれら列車に乗車の際にも、別途、座席/寝台指定が必要になりますが、特別な割引料金で指定券の購入が可能です。

一般的に乗車日の最大90日前から座席指定券の購入が可能となりますが、特別割引の座席数には限りがありますので、早めに購入することをおすすめします。
ブリットレイルパスを使って高速列車、国際列車、夜行列車に乗車の際に必要な座席指定券は現在、オンラインでは販売しておりません。座席指定券につきましては、英国内の鉄道駅窓口でのご購入をお願いいたします。

旅のヒント:
ほとんどの地域間列車(リージョナルトレイン)は、座席指定は必要ありません。有効な鉄道パスを持って乗車し、空いている席に座って目的地までの鉄道の旅をお楽しみください。

詳細はこちら


ツインパスとは?

ツインパスはグループ全員の名前が1枚のパスに記載されています。大人2人のご旅行に最適です。
  • ツインパスをご利用の場合、2人目の大人は50%割引きとなります。
  • 同伴のお子様は無料です。以下のご利用条件をご確認ください。

子供割引

6歳未満の子供は無料です。6歳未満の子供は、ご予約時に購入するパスの人数に含めないでください。ただし、高速列車や夜行列車にご乗車の際、お子様が1人で座席/寝台を占有する場合には、乗車前までに必ず座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。大人と座席を共有する場合には、大人用の指定券のみが必要となります。

6歳以上12歳未満の子供は無料です。これらのお子様については、鉄道パスが発券されますので、購入するパスの人数に含めてください。また、ほとんどの高速列車と夜行列車にご乗車の際、お客様ご自身(大人)とお子様の座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。

鉄道パスの使い方

ジャーマンレイルパスの記載内容などはこちらから。.

ジャーマンレイルパス

気ままな鉄道旅には、ローカル列車(普通列車またはリージョナルトレイン)がおすすめです。鉄道パスがあればこれらの列車は乗り放題。列車内では空いている席にお座りください。高速列車、夜行列車、シーニックトレイン、国際列車に乗る際は、別途座席/寝台指定券が必要です。鉄道パスの利用区間について、座席/寝台指定券が必要か事前に確認しておくことをおすすめします。

Benefits

ほとんどの鉄道パスには、割引きやボーナス特典の設定があります。鉄道パスを使ってお得にヨーロッパを旅しませんか。
例えば、ホテル宿泊料の割引きや美術館への無料入館、船の乗船料割引きなど、うれしい特典がたくさん!

トラベルマップ

旅行プランを練ったり、鉄道パスがカバーする各国の鉄道ネットワークを調べたりするには、トラベルマップをご活用ください。

This map requires Adobe Flash Player

FAQ

すべてのFAQを見る

0 10 20 30 40 50 60 70 80 ...

Review & Ratings

総合満足度 (36)

快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

総合評価

大変満足 50% 満足 35% 普通 13% やや不満 2% 不満 0%



  • "ジャーマンレイルパス、とても便利でした"    
    ジャーマンレイルパスを3日間使いました。鉄道を使ってクリスマスマーケットを巡る旅だったので、フル活用できました! 電車内でたまに切符のチェックがあったのがドキドキしましたが、車掌さん?はみんな優しかったです。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ドイツ鉄道のシステムは素晴らしい。"    
    駅に必ずあるDBの案内所はどんな問いにも即座に返答が来る。印刷物を素早く発行してくれる。運行システムも素晴らしいと感じた。ただ、駅によってはエレベーターが無い、ロッカーが少ない・・・この辺りは不便を感じた。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ドイツ バックパッカーの旅"    
    この夏 南ドイツを 3週間かけて ジャーマンレイルパスで 巡りました。 ドイツ鉄道は 縦横無尽に 鉄道網が 張り巡らせられていて 、どこに行くのも 不自由は ありません。ただし 乗り換えが 多く DBナビゲーターのアプリが とても 役立ちました。 乗車券の購入は 慣れてなければ 難しく、乗り放題のパスは ありがたかった。 ただし ドイツ国内だけの旅行では そんなに長距離は 乗らないので 元を取るには 大変です。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "列車の遅延"    
    上級列車の遅延に二度あり。一度は、フランクフルト中央駅乗り換え(30分の乗り換え時間)の予定でしたが、列車に間に合わず予定が大幅にくるってしまいました。乗り換え時間は十分に取りましょう。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "20年ぶりのハンブルグ"    
    帰国して20年になるので、昔住んでたハンブルグと、旧東独の復興状況を見る意味もこめて、ベルリン、ドレスデンに行ってきました。昔は車で動いてましたが、今回は鉄道でということで、ジャーマンレイルパスのお世話になりました。早い時間帯の平日の移動では席がほとんど一杯だったことが一度ありましたが、1等での旅は快適でした。 20年ぶりのハンブルグの変わり様と、ドレスデンの見事な復興には感激しました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "今回の旅の満足理由の一つ、ジャーマンレイルパス"    
    10日連続のパスを使いましたが、3万2千円という安さで特急も地方列車も乗り放題で、いちいち切符を買う手間も省けて、宗教改革者ルターの足跡をほとんど回ることができ、大満足の旅でした。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "快適な車内とパスシステム"    
    ドイツの鉄道は、車内設備もとてもよく、またとても清潔感があり優雅な旅を送ることができました。パスのシステムもとても単純なので、現地でも迷うことなく、いつも旅の必需品です。 ただ、今回の旅では、ミュンヘンで鉄道がとまっており、代替輸送のバスに乗らなくてはならない場面がありました。そういう時のアナウンスはドイツ語でしかなく、状況把握に戸惑いましたが、インフォメーションに行くと、丁寧に教えてもらえ、また代替の時刻表などもくれました。レイルパスをもっていると、このような不測の事態でも、パスを見せることで対応してくれるので、益々便利だと感じました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "毎年になりました"    
    近年、毎年ヨーロッパへレイルパスの旅行に行くようになりました。 昔はネットもなく、ホテルは予約なしで飛び込みましたのでレイルパスはとても便利でした。最近はホテルは事前に予約しないといけなくなり、降りたくなったら降りるという旅行はできなくなったのではないでしょうか。また、一等車はビジネス客で満員という場面もとても増えたように思います。でもレイルパスは今後も便利に使うと思います。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ジャーマンレイルパスの使い勝手"    
    一般的な感想として、いちいち列車の乗車券を買う手間が省けて便利でした。ただ、予め座席指定をしていない場合、せっかく座った席から移動しなければならないことが数回あったので、その点はちょっと不満で、やはり予め指定券を準備すべきだったと反省しています。ほかに、目的地に到着するまで車内で何度も検札を受けたことがあり、既に検札済であるマークを付けるなど、鉄道会社側の工夫が必要だと思いました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ジャーマンレイルパス、最高です。"    
    このパス一枚でドイツのほとんどすべての主要都市にアクセスすることができ、鈍行などの足も含めて、2週間の旅行はほぼこのパス一枚で終えることができました。さらに、最終日は急きょ予定を変更してオーストリアのザルツブルクに行きましたが、このパスがドイツの外の主要駅をいくつかカバーしていてくれたお陰で、オーストリアにも無料で訪れることができました。 料金は、学生の私たちにとっては、"安すぎ!"といえるほどではないかもしれませんが、乗り放題だった急行列車はとても快適で、非常に疲れの少ない旅をすることができ、利用して良かったと心から思います。 また機会があればぜひ購入したいと思います。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ドイツ国鉄だけでないのが良い"    
    諸事情で田舎町に行くことが多かったので、単純にDBだけの利用では旅ができなかったのだが、私鉄も乗り放題だったため、非常に快適に過ごすことができた。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "Meet to my daugter"    
    ドイツに留学中の娘に会いに家族3人で渡航。 ベルリン近郊を旅してきました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ドイツ旅にはもってこい"    
    ドイツに行くのは二度目でしたが、行きたい都市が点在しており、また、オーストリア・ベルギーにも足を伸ばしたかったのでこちらにしました。結果的に、45,000円ぐらいのパスで80,000円分以上すの旅費がまかなえたので、大変リーズナブルでした。 しかしICEの予約をしていなかったので、乗車時に毎回座席争いが発生しました・・。荷物が多いときは予約した方がよかったなと痛感しました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "フランクフルトを拠点にしたICEの旅"    
    ジャーマンレイルパスを使いフランクフルトから日帰りでミュンヘン、ベルリン、ブリュッセルなどに行って来ました。 ホテルがフランクフルト中央駅の側なので日帰りでも快適でした。 ICEはすべて着席出来ました。 食堂車も楽しい思い出です。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "久しぶりの北ドイツ,見渡す限りの麦畑"    
    南ドイツ・オーストリアは,観光や所用で年2回訪問していますが,いつもレールパスの便利さとお得感を感じています。 今回は,息子と2人で久しぶりに北ドイツ方面に出かけてきました。8月下旬であったため,毎夏恒例の工事や諸般の事情による列車の遅れ(1時間前後)に毎日遭遇しました。また,列車によっては区間運休することもありました。これから夏にドイツにお出かけの方は,その点を考慮して計画を立てるとよいかと思います。(反対に冬はほぼ定刻に走っています。) そして,旅のおすすめは1等車です。1等車は,予約を取らなくても2人ぐらいなら席は何とかなります。それに,革張りのいすは8時間乗っても疲れ知らずです。 あと,おすすめは食堂車の食事とビールです。 もちろん路線によって食堂車の会社もちがうので,ビールの味はちがいます。飲み比べもとっても楽しいものです。    コストパフォーマンス  便利さ
  • 0 15 30