ユーレイル セレクトパス4カ国

最低料金 ¥19,800 ユーレイル
Eurail Select Passを予約

すべての国が対象となる場合、鉄道パスの情報が表示されます。

特徴とメリット

  • “国境を接する”4カ国の国鉄(またはそれに相当する鉄道)に乗り放題。
  • ヨーロッパ数カ国を訪れるのに便利な鉄道パスです。
  • 2~5人のファミリーやグループに適用されるお得なセーバーパスがあります。
  • 12歳未満の子供は無料です。 列車の概要
  • ユース(12 - 25)向け割引きがあります。
レビュー&評価 (96)
快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

8件のレビュー

鉄道パスの特徴

ユーレイル セレクトパスは、ヨーロッパの“国境を接する”4カ国を選択して鉄道で旅をするのに最適な鉄道パスです。ユーレイルに加盟する、以下の20カ国以上の中から国を選択できます。

オーストリアベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)ブルガリア
チェコデンマークフランス
フィンランドドイツギリシャ
ハンガリーアイルランドイタリア
セルビア&モンテネグロノルウェーポルトガル
ルーマニアスロヴァキアスロヴェニア&クロアチア
スペインスウェーデンスイス
トルコ

トラベルマップなどを利用して、選択可能な“国境を接する”国を選んでください。選択した国の組み合わせによって、ユーレイル セレクトパスの料金が異なります。

鉄道ネットワークが比較的小さな国は、人里離れた田舎や昔ながらの風景、伝統が今も息づく村などが残されています。フランスやドイツ、イタリア、スイスやオーストリアといった観光地として人気の国と、昔ながらの生活や文化、伝統が息づく国を組み合わせた旅はいかがでしょう。

どの国を組み合わせても、ユーレイル セレクトパスがあれば、いつでも、どこからでも列車に乗って、自由気ままに鉄道の旅が楽しめます。有効期間内であれば、何度でも、距離に関係なく、列車に乗ることができます。どれだけ乗っても鉄道パスの料金は同じです。

現地での思いがけない出会いから行き先を変更したり、地図を見ていて突然思い立ってある町へ訪れたくなったり。そんな時、いつでも最寄りの駅から列車に飛び乗って出かけることができるのも鉄道パスの魅力です。座席指定については「知っておきたいあれこれ」の項目をご参照ください。

ユーレイル セレクトパスには、ホテル宿泊料や美術館入館料の割引、フェリーなどの船舶への乗船料が無料になるなどのボーナス特典がありますので、さらにお得に旅を楽しめます。また、ユーレイルパスご購入者には、トラベルパッケージ(ユーザーガイド、鉄道網が記されたヨーロッパ鉄道マップ)をもれなく差し上げています。

旅行計画をしっかり立ててから旅する人も、とりあえず現地に行ってから出会いや発見の旅を楽しみたい人にとっても、ユーレイル セレクトパスは、自由自在で思い通りの旅を可能にし、思い出深い旅行を演出してくれます。

列車の概要

隣接する4カ国を巡る旅を計画しているのなら、ユーレイル セレクトパスがおすすめです。パスは2カ月の有効期間内に最大10日間の列車に乗車できる日(通用日)を選択可能。有効期間内であれば選択した日数分、ヨーロッパの国々を自由に列車で旅できます。

詳細はこちら

知っておきたいあれこれ

パスの使用対象者

ヨーロッパ圏外に居住する旅行者が、ユーレイル セレクトパス4カ国を購入、使用できます。 ロシアとトルコに居住する旅行者は、このパスを購入、使用できませんので、ご注意ください。

座席/寝台指定

「座席指定」をすると、ご利用の列車で必ず座席が確保されます。

高速列車、国際列車、夜行列車では、座席/寝台指定が必須となります。有効な鉄道パスでこれら列車に乗車の際にも、別途、座席/寝台指定が必要になりますが、特別な割引料金で指定券の購入が可能です。

一般的に乗車日の最大90日前から座席指定券の購入が可能となりますが、特別割引の座席数には限りがありますので、早めに購入することをおすすめします。
レイルヨーロッパで座席指定券を購入

旅のヒント:
ほとんどの地域間列車(リージョナルトレイン)は、座席指定は必要ありません。有効な鉄道パスを持って乗車し、空いている席に座って目的地までの鉄道の旅をお楽しみください。

列車の概要


セーバーパスとは?

p> セーバーパスはグループ全員の名前が1枚のパスに記載されています。家族や友人同士など2~5人のグループに最適です。
  • セーバーパスの場合、通常、大人料金の15%割引きになります。
  • 同伴のお子様は無料です。以下のご利用条件をご確認ください。

子供割引

4歳未満の子供は無料です。4歳未満の子供は、ご予約時に購入するパスの人数に含めないでください。ただし、高速列車や夜行列車にご乗車の際、お子様が1人で座席/寝台を占有する場合には、乗車前までに必ず座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。大人と座席を共有する場合には、大人用の指定券のみが必要となります。

4歳以上12歳未満の子供は無料です。 これらのお子様については、鉄道パスが発券されますので、購入するパスの人数に含めてください。また、ほとんどの高速列車と夜行列車にご乗車の際、お客様ご自身(大人)とお子様の座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。

鉄道パスの使い方

鉄道パスの発券日から、11カ月以内にパスの使用を開始しなければなりません。

鉄道パスを使用する前に、現地鉄道駅の窓口スタッフにより、お客様のパスポート番号の記載および、所定欄にスタンプの押印がされている必要があります。また鉄道パスを使用する日は、はじめに旅行者ご自身がパスの日付欄に乗車日を記入しなければなりません。 鉄道パスのカバーにあるトラベルレポート欄には、パスを使用して列車や船舶に乗車/乗船した区間を記載、記録しなければなりません。
これら情報を鉄道パスに記載することなく使用した場合、罰金とともに乗車区間の正規料金が課せられることもありますので、ご注意ください。

ユーレイル セレクトパス4カ国の記載内容などはこちらから。.

ユーレイル セレクトパス4カ国

19時ルール

鉄道の旅行日数1日分は、真夜中0時から24時間のことです。この間、好きなだけ何度でも列車にご乗車いただけます。

旅のヒント:
つぎの要件が満たされると、19時ルールが適用され、さらにお得に鉄道パスをご利用いただけます。

  • 鉄道パスは必ずヴァリデートしていなければなりません。
  • 19時以降に発車する夜行列車の乗車、かつその夜行列車がその日に乗車する最初の列車であることが条件です。
  • また、下車駅に翌朝4時以降に到着する夜行列車に限ります。
  • 夜行列車の到着日は、鉄道パスの有効期間内でなければなりません。
これら条件がすべて満たされた場合、夜行列車の到着日のみを鉄道パスの使用日として、所定の日付欄に記入してください。パスの使用日は1日のみとなります。

有効期間/通用日

「通用日」とは、鉄道パスを使って列車などに乗車する日(パスを使用できる日)のことです。

例えば、1カ月の有効期間内に通用日5日間の場合、パスを1日にヴァリデートしたら、その月の3日、4日、7日、12日、30日と、有効期間内で5日間を選択し、パスを使用できます。

鉄道パスの特典

ほとんどの鉄道パスには、割引きやボーナス特典の設定があります。鉄道パスを使ってお得にヨーロッパを旅しませんか。
例えば、ホテル宿泊料の割引きや美術館への無料入館、船の乗船料割引きなど、うれしい特典がたくさん!

レイルヨーロッパでユーレイルパスをご購入いただくと、トラベルパッケージ(ユーザーガイド、鉄道網が記されたヨーロッパ鉄道マップ)が無料で付いてきます。

ユーレイルパスご利用に際しては、以下の国においてボーナス特典があります。

オーストリア
ギリシャ
ポルトガル
ベネルクス
ハンガリー
ルーマニア
デンマーク
アイルランド
スロヴァキア
フィンランド
イタリア
スペイン
フランス
オランダ
スウェーデン
ドイツ
ノルウェー
スイス

トラベルマップ

旅行プランを練ったり、鉄道パスがカバーする各国の鉄道ネットワークを調べたりするには、トラベルマップをご活用ください。

選択できる国は、“国境を接して”いる必要があります。また、第三国を経由することなく、直接鉄道路線や船舶の航路で結ばれていなければなりません。鉄道路線によっては、ユーレイル セレクトパスで選択していない国を経由することがあります。この場合、この区間について別途、チケット(区間乗車券)をご購入いただく必要があります。

鉄道や船舶で結ばれた“国境を接する”と見なされる国の一覧は以下の通りです。

国名“国境を接する”国名
オーストリアクロアチア/スロヴェニア、ドイツ、ハンガリー、イタリア、スイス、チェコ
ベネルクス*フランス、ドイツ、アイルランド
ブルガリア/モンテネグロ/セルビア*クロアチア/スロヴェニア、ギリシャ、ハンガリー、ルーマニア
クロアチア/スロヴェニア*オーストリア、ブルガリア/モンテネグロ/セルビア、ハンガリー、イタリア
チェコオーストリア、ドイツ
デンマークドイツ、ノルウェー、スウェーデン
フィンランドドイツ、スウェーデン
フランス(モナコ含む)ベネルクス、ドイツ、アイルランド、イタリア、スペイン、スイス
ドイツオーストリア、ベネルクス、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、スウェーデン、スイス
ギリシャブルガリア/モンテネグロ/セルビア、イタリア
ハンガリーオーストリア、ブルガリア/モンテネグロ/セルビア、クロアチア/スロヴェニア、ルーマニア
アイルランドベネルクス、フランス
イタリアオーストリア、クロアチア/スロヴェニア、フランス、ギリシャ、スペイン、スイス
ノルウェーデンマーク、スウェーデン
ポルトガルスペイン
ルーマニアブルガリア/モンテネグロ/セルビア、ハンガリー
スペインフランス、イタリア、ポルトガル
スウェーデンデンマーク、フィンランド、ドイツ、ノルウェー
スイスオーストリア、フランス、ドイツ、イタリア
トルコブルガリア、ギリシャ

* 1つの“国”と見なします。

ノルウェーとフィンランドは、列車で両国間を移動する場合、スウェーデン経由となるためユーレイルパスにおいては、“国境を接する”国とは見なされません。

ベネルクス:ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3カ国を指します。

This map requires Adobe Flash Player

F.A.Q

  • 質問:ユーレイル セレクトパスに含まれていない国を通過する場合、その国をユーレイル セレクトパスに追加できますか?

  • 質問:ユーレイルパス、またはユーレイル セレクトパスを購入した場合、英国の列車に割引料金で乗車できますか?

  • 質問:ユーレイル グローバルパスとユーレイル セレクトパスの違いについて教えてください。

  • 質問:1等ではなく、2等のユーレイル セレクトパスを購入することはできますか?

すべてのFAQを見る

レビュー&評価

総合満足度 (96)

快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

総合評価

大変満足 35% 満足 36% 普通 20% やや不満 5% 不満 4%



  • "時間の節約に大変良い"    
    3カ国を回ってきましたが、好きな時間に列車を利用出来て大変助かりました。今回は、2回目の利用でしたが、簡単な手続きで、列車に乗れますので、交通機関の心配は、ありません。 楽しい旅行ができました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "快適でした"    
    ミュンヘンからザルツブルグ、チューリッヒ、ルツエルン、サンモリッツ、ミラノ、ヴェローナを旅行しました。全体として快適で問題がありませんでしたが、各国の鉄道事情の情報が不足で、現地で確認しながらの旅行でした。遊覧船や美術館が無料や割引になることが多いので、とりあえずユーレイルパスを出して、ディスカウントできるか聞いてみるようにしていました。 列車だけでは金額的なメリットが少ないですが、いろんな割引を確認して有効に使うとお得です。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ヨーロッパ独り旅"    
    ・13年夏 21nightsのドイツ⇒オランダ⇒ベルキ-⇒ドイツ・フランクフルトの気ままな一人旅を堪能してきた。 ・最初の2日目のみ日本よりホテルを予約したが、その後の19日は到着地で宿の手配を行い、まあまあ問題なく手配出来た。大半がYHということもあって、宿泊することができたのであろう。 ・ベルギ-のブル-ジュではヴァカンス真っ最中の夏休みで、かつ金曜日ということもあってか宿取りに難儀した。 ・行きあたりバッタリのその日暮らしのヨ-ロッパ気ままな独り旅もなななか心地良いものです。皆さんもいかがですか。当方66歳の前期高齢者    コストパフォーマンス  便利さ
  • "2等車を選択すべきだった"    
    ドイツ語圏のドイツ→オーストリア→スイスを3カ国1等パスで周遊しましたが、 結論はドイツ、オーストリアの2カ国2等パスとスイスパス2等が正解でした。 理由は、1等は殿様気分が味わえるが、庶民と接しやすい2等で十分。スイスを旅行するには、スイスパスの独立切符のほうが割引など重宝。  
  • "家人と古城ホテルとミラノの街に"    
    毎年の恒例の5月のホワイトアスバラガスを食べに行く旅です。 まず、ミュンヘンからICEでアイゼナハへ。ドイツで最もドイツらしい城といわれているヴァルトブルグ城の見学と城の隣のホテル「アウフ・デァ・ヴァルトブルグ」に泊まるのが目的です。城も素晴らしかったですが、このホテルも期待どおりでした。ここのレストランも評判以上。 翌日は、エコの町フライブルグに1泊して、イタリアのミラノを目指します。バーゼル・ミラノ間、帰りのミラノ・チューリッヒ間の特急指定券もバーゼル駅で簡単に取れました。 ミラノに2泊して、ホワイトアスパラのイタリア料理を堪能した後、チューリッヒ経由でミュンヘンに戻り、定宿のあるオーストリア国境に近いバート・ライヘンハルに向かいます。翌日はザルツブルグに出て、ハルシュタットを中心に湖水地帯を一巡りしてきました。 今回はドイツ・スイス・イタリア・オーストリア4か国のレイルパスを日本のレイルヨーロッパで購入してきましたが、ドイツやオーストリアはどの列車も指定券なしで乗れますので、我々の旅行にはうって付けでした。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "やはり便利"    
    9月中旬に旅行。1等乗車。ヴェネツィア*ミラノ*トゥーン*ベルン*オッフェンブルク*フランクフルト空港 座席指定込のイタリアの列車以外は、座席指定をしなかったが、混んでいなかったので席を確保できて良かった。(以前10月中旬に南ドイツを旅した時は1等でも座席指定の必要を感じた・・)スイスのトゥーン湖遊覧ではパスの無料特典を利用して乗船。一等席を確保できた。スイスの登山鉄道はパス料金でチケットを買ったが、駅員さんはさすがに慣れている様子で、特に説明をせずとも間違いのない対応をしてくれた。やはりパスは便利。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "便利"    
    スイスとドイツは予約不要なので、非常に便利に使えます。 ただ、スイスは観光路線の私鉄が使えないのが結構、痛いですが。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "夜行列車の旅"    
    今回は,パリからニュルンベルクのクリスマスマーケット,ノイシュバンシュタイン城,ウィーンに行くことは決めていましたが,ウィーンからいつ,どのような交通手段で戻るかを決めずに出かけました。その結果,ウィーンがあまりに素晴らしく,見どころ満載だったので,ぎりぎりまで滞在して夜行列車でパリまで(正確にはフランクフルトで乗り換え)戻ることにしました。このような気楽さ,フレクシビリティがユーレイルセレクトパスの強みだと思います。その結果,混雑期であるにもかかわらず,すべての列車で座席も確保できましたし,夜行列車は家族の心に残る素敵な想い出となりました。    快適さ  コストパフォーマンス  便利さ