ユーレイル ベネルクスパス

最低料金 ¥15,900 ユーレイル

ユーレイルパスが20%割引き
2016年12月26日までのキャンペーンで、ユーレイルパスが20%割引に!
ご利用条件はこちら

ユーレイル ベネルクスパスを予約
?
お1人様の料金
ご利用条件
料金表

特徴とメリット

  • ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの国鉄(またはそれに相当する鉄道)に乗り放題。
  • 2~5人のファミリーやグループに適用されるお得なセーバーパスがあります。
  • 12歳未満の子供は無料です。 列車の概要
  • ユース(12 - 25)向け割引きがあります。
レビュー&評価 (4)
快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

6件のレビュー

鉄道パスの特徴

ユーレイル ベネルクスパスは、ベネルクス3カ国を旅するのに最適な鉄道パスです。ユーレイルパスでは、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3国はベネルクスとして1つの“国”とみなしています。

ベルギーはチョコレートとワッフル、ビールとフライドポテトで有名な国です。一方、オランダは、彩り鮮やかなチューリップ畑、運河と自転車、そしてこの国の代名詞ともいえる風車、チーズがよく知られています。さらに、ルクセンブルクは、趣のある歴史的建造物が多く残された美しい町並みが魅力です。

ユーレイル ベネルクスパスがあれば、いつでも、どこからでも列車に乗って、自由気ままに鉄道の旅が楽しめます。有効期間内であれば、何度でも、距離に関係なく、列車に乗ることができます。どれだけ乗っても鉄道パスの料金は同じです。

現地での思いがけない出会いから行き先を変更したり、地図を見ていて突然思い立ってある町へ訪れたくなったり。そんな時、いつでも最寄りの駅から列車に飛び乗って出かけることができるのも鉄道パスの魅力です。座席指定については「知っておきたいあれこれ」の項目をご参照ください。

ユーレイル ベネルクスパスには、ホテル宿泊料や美術館入館料の割引、フェリーなどの船舶への乗船料が無料になるなどのボーナス特典がありますので、さらにお得に旅を楽しめます。また、ユーレイルパスご購入者には、トラベルパッケージ(ユーザーガイド、鉄道網が記されたヨーロッパ鉄道マップ)をもれなく差し上げています。

旅行計画をしっかり立ててから旅する人も、とりあえず現地に行ってから出会いや発見の旅を楽しみたい人にとっても、ユーレイル ベネルクスパスは、自由自在で思い通りの旅を可能にし、思い出深い旅行を演出してくれます。

知っておきたいあれこれ

パスの使用対象者

ヨーロッパ圏外に居住する旅行者が、ユーレイル ベネルクスパスを購入、使用できます。 ロシアとトルコに居住する旅行者は、このパスを購入、使用できませんので、ご注意ください。

座席/寝台指定

「座席指定」をすると、ご利用の列車で必ず座席が確保されます。

高速列車、国際列車、夜行列車では、座席/寝台指定が必須となります。有効な鉄道パスでこれら列車に乗車の際にも、別途、座席/寝台指定が必要になりますが、特別な割引料金で指定券の購入が可能です。

一般的に乗車日の最大90日前から座席指定券の購入が可能となりますが、特別割引の座席数には限りがありますので、早めに購入することをおすすめします。
ブリットレイルパスを使って高速列車、国際列車、夜行列車に乗車の際に必要な座席指定券は現在、オンラインでは販売しておりません。座席指定券につきましては、英国内の鉄道駅窓口でのご購入をお願いいたします。

旅のヒント:
ほとんどの地域間列車(リージョナルトレイン)は、座席指定は必要ありません。有効な鉄道パスを持って乗車し、空いている席に座って目的地までの鉄道の旅をお楽しみください。

列車の概要


セーバーパスとは?

p> セーバーパスはグループ全員の名前が1枚のパスに記載されています。家族や友人同士など2~5人のグループに最適です。
  • セーバーパスの場合、通常、大人料金の15%割引きになります。
  • 同伴のお子様は無料です。以下のご利用条件をご確認ください。

子供割引

4歳未満の子供は無料です。4歳未満の子供は、ご予約時に購入するパスの人数に含めないでください。ただし、高速列車や夜行列車にご乗車の際、お子様が1人で座席/寝台を占有する場合には、乗車前までに必ず座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。大人と座席を共有する場合には、大人用の指定券のみが必要となります。

4歳以上12歳未満の子供は無料です。 これらのお子様については、鉄道パスが発券されますので、購入するパスの人数に含めてください。また、ほとんどの高速列車と夜行列車にご乗車の際、お客様ご自身(大人)とお子様の座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。

鉄道パスの使い方

ユーレイル ベネルクスパスの記載内容などはこちらから。.

ユーレイル ベネルクスパス

気ままな鉄道旅には、ローカル列車(普通列車またはリージョナルトレイン)がおすすめです。鉄道パスがあればこれらの列車は乗り放題。列車内では空いている席にお座りください。高速列車、夜行列車、シーニックトレイン、国際列車に乗る際は、別途座席/寝台指定券が必要です。ユーレイル ベネルクスパスを使って、TGVやタリスに乗車の際には別途、座席指定券が必要です。鉄道パスの利用区間について、座席/寝台指定券が必要か事前に確認しておくことをおすすめします。

鉄道パスの特典

ほとんどの鉄道パスには、割引きやボーナス特典の設定があります。鉄道パスを使ってお得にヨーロッパを旅しませんか。
例えば、ホテル宿泊料の割引きや美術館への無料入館、船の乗船料割引きなど、うれしい特典がたくさん!

レイルヨーロッパでユーレイルパスをご購入いただくと、トラベルパッケージ(ユーザーガイド、鉄道網が記されたヨーロッパ鉄道マップ)が無料で付いてきます。

トラベルマップ

旅行プランを練ったり、鉄道パスがカバーする各国の鉄道ネットワークを調べたりするには、トラベルマップをご活用ください。

レンタカーでの観光という選択肢もありますが、鉄道旅行のようにリラックスしての移動や、その地域らしい景色をのんびりと眺めつつ、乗り合わせた地元の人と触れあうという機会はありません。駐車場やガソリンのことを気にしなくてもよい、鉄道の旅をお楽しみください。

ユーレイル ベネルクスパスを使って、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの各国を快適に鉄道で旅してその個性ある魅力を探訪し、本当の姿のベネルクスを体験してください!

This map requires Adobe Flash Player

F.A.Q

すべてのFAQを見る

0 10 20 30 40 50 60 70 80 ...

レビュー&評価

総合満足度 (4)

快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

総合評価

大変満足 27% 満足 7% 普通 67% やや不満 0% 不満 0%



  • "アプリ「Rail planner」とともに出発!"    
    2013年8月にオランダ・ベルギーへ7泊9日間で行ってきました。旅程の変更でベネルクスパスの元を取ることは残念ながらできませんでした。しかし、駅の窓口で切符の購入にまごつくよりパスの方が楽で、乗りたい列車にパッと乗れる利便性はなにものにも代えがたかったです。また、効率的に観光できた理由として、ユーレイルパスのアプリ「Rail planner」を挙げておきます。このアプリは発着の駅・時間を入力し、検索結果を表示するのみならず、インターネットへの接続なしで使用可能な優れものでした。ベネルクスパスとこのアプリのおかげでとても快適で素晴らしい旅になりました。また行きたい!!    コストパフォーマンス  便利さ
  • "ドイツ~ベネルクス買付けの旅"    
    10月にベルリンからブリュッセルを基点に2週間ほど仕事の買付けに出かけました。今回は夫婦2人の旅行です。いつも列車で移動しています。ベルリンからケルン、ケルンからブリュッセルへ大きく移動しました。その他には、オランダのデルフトに行ったり、ルクセンブルクの蚤の市に行ったりと、パスをフル回転していました。私たちのようにどこに行くのも列車を利用する場合はユーレイルパスはとてもリーズナブルで便利です。特に早朝は、6時台だと駅のチケットカウンターがまだ閉まっていたりしますので、パスを持っていれば安心です。 今までパスを利用してトラブルにあったこともありません。助かっています。  
  • "ベネルクスパス5日間"    
    6月末〜7月末までの一ヶ月間ベネルクスを旅しました。その中のアムステルダム〜マーストリヒト間、ブリュッセル〜ナミュール    コストパフォーマンス  便利さ
  • "旅行に応じたパスを買うべき"    
    ブリュッセルに6泊滞在。アントワープ、ブルージュ、ルクセンブルクに日帰りで列車で行く事を予定しておりましたが、ルクセンブルクに行くのをやめ、ブリュッセルからレンタカーを借りてワロン地方を回る日程に変更しました。 ベルギーの魅力は田舎の風景だと思います。その際、やはりレンタカーを使う事は必須。ベネルクスパスは使用せず、現地で切符を買って対応しました。 入念にどこに行くかを考えてからベネルクスパスを購入するべきだと思います。  
  • "途中の予定変更もスムーズでした"    
    娘とのベルギー・オランダ3日間の旅で使用しました。 最初の予定では、回数券やその都度チケットを購入した方が安いので、どうしようか迷いましたが、 以前、スイスパスを使用しとても便利だったことと、チケットを買う時間の短縮の方が重要と思い購入。 結果は、電車の中で予定変更し途中下車したり、ギリギリ間に合い電車に乗れたり、 やはりお金では買えないものがありました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "散歩掏るような旅"    
    ベルギー、オランダ、その日の天候や、気分で旅行先を、地図をみながら決めて、ゆっくり、自分の気に入った場所を、見つけ、途中下車し、 旅行者が、誰もいない、田舎をボーと、友人と二人に通じる景色 季節のその地方の行事で、いろいろなスタイルで、乗車する人々、 ほんの数日の旅人は、ちょっと現地と溶け込んだような、幸せを感じました。    快適さ  コストパフォーマンス  便利さ