ユーレイル オーストリアパス

最低料金 ¥15,900 ユーレイル

ユーレイルパスが20%割引き
2016年12月26日までのキャンペーンで、ユーレイルパスが20%割引に!
ご利用条件はこちら

ユーレイル オーストリアパスを予約
?
お1人様の料金
ご利用条件
料金表

特徴とメリット

  • オーストリアの国鉄(またはそれに相当する鉄道)に乗り放題。
  • 2~5人のファミリーやグループに適用されるお得なセーバーパスがあります。
  • 12歳未満の子供は無料です。 列車の概要
  • ユース(12 - 25)向け割引きがあります。
レビュー&評価 (6)
快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

4件のレビュー

鉄道パスの特徴

ユーレイル オーストリアパスは、オーストリアを旅するのに最適な鉄道パスです。ザルツブルクやウィーン、リンツなどオーストリアの魅惑の都市を訪れませんか。列車は主要都市だけでなく、古くからの伝統を受け継ぐ小さな町にも乗り入れています。歴史的な町並みに近現代までのさまざまな様式の建築物が見事に調和するオーストリアは、東欧への玄関口といえます。

ユーレイル オーストリアパスがあれば、いつでも、どこからでも列車に乗って、自由気ままに鉄道の旅が楽しめます。有効期間内であれば、何度でも、距離に関係なく、列車に乗ることができます。どれだけ乗っても鉄道パスの料金は同じです。

現地での思いがけない出会いから行き先を変更したり、地図を見ていて突然思い立ってある町へ訪れたくなったり。そんな時、いつでも最寄りの駅から列車に飛び乗って出かけることができるのも鉄道パスの魅力です。座席指定については「知っておきたいあれこれ」の項目をご参照ください。

ユーレイル オーストリアパスには、ホテル宿泊料や美術館入館料が割引になるなどのボーナス特典がありますので、さらにお得に旅を楽しめます。また、ユーレイルパスご購入者には、トラベルパッケージ(ユーザーガイド、鉄道網が記されたヨーロッパ鉄道マップ)をもれなく差し上げています。

旅行計画をしっかり立ててから旅する人も、とりあえず現地に行ってから出会いや発見の旅を楽しみたい人にとっても、ユーレイル オーストリアパスは、自由自在で思い通りの旅を可能にし、思い出深い旅行を演出してくれます。

知っておきたいあれこれ

パスの使用対象者

ヨーロッパ圏外に居住する旅行者が、ユーレイル オーストリアパスを購入、使用できます。 ロシアとトルコに居住する旅行者は、このパスを購入、使用できませんので、ご注意ください。

座席/寝台指定

「座席指定」をすると、ご利用の列車で必ず座席が確保されます。

高速列車、国際列車、夜行列車では、座席/寝台指定が必須となります。有効な鉄道パスでこれら列車に乗車の際にも、別途、座席/寝台指定が必要になりますが、特別な割引料金で指定券の購入が可能です。

一般的に乗車日の最大90日前から座席指定券の購入が可能となりますが、特別割引の座席数には限りがありますので、早めに購入することをおすすめします。
ブリットレイルパスを使って高速列車、国際列車、夜行列車に乗車の際に必要な座席指定券は現在、オンラインでは販売しておりません。座席指定券につきましては、英国内の鉄道駅窓口でのご購入をお願いいたします。

旅のヒント:
ほとんどの地域間列車(リージョナルトレイン)は、座席指定は必要ありません。有効な鉄道パスを持って乗車し、空いている席に座って目的地までの鉄道の旅をお楽しみください。

列車の概要


セーバーパスとは?

p> セーバーパスはグループ全員の名前が1枚のパスに記載されています。家族や友人同士など2~5人のグループに最適です。
  • セーバーパスの場合、通常、大人料金の15%割引きになります。
  • 同伴のお子様は無料です。以下のご利用条件をご確認ください。

子供割引

4歳未満の子供は無料です。4歳未満の子供は、ご予約時に購入するパスの人数に含めないでください。ただし、高速列車や夜行列車にご乗車の際、お子様が1人で座席/寝台を占有する場合には、乗車前までに必ず座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。大人と座席を共有する場合には、大人用の指定券のみが必要となります。

4歳以上12歳未満の子供は無料です。 これらのお子様については、鉄道パスが発券されますので、購入するパスの人数に含めてください。また、ほとんどの高速列車と夜行列車にご乗車の際、お客様ご自身(大人)とお子様の座席/寝台指定券を別途、購入する必要があります。

鉄道パスの使い方

ユーレイル オーストリアパスの記載内容などはこちらから。.

ユーレイル オーストリアパス

気ままな鉄道旅には、ローカル列車(普通列車またはリージョナルトレイン)がおすすめです。鉄道パスがあればこれらの列車は乗り放題。列車内では空いている席にお座りください。高速列車、夜行列車、シーニックトレイン、国際列車に乗る際は、別途座席/寝台指定券が必要です。鉄道パスの利用区間について、座席/寝台指定券が必要か事前に確認しておくことをおすすめします。

鉄道パスの特典

ほとんどの鉄道パスには、割引きやボーナス特典の設定があります。鉄道パスを使ってお得にヨーロッパを旅しませんか。
例えば、ホテル宿泊料の割引きや美術館への無料入館、船の乗船料割引きなど、うれしい特典がたくさん!

レイルヨーロッパでユーレイルパスをご購入いただくと、トラベルパッケージ(ユーザーガイド、鉄道網が記されたヨーロッパ鉄道マップ)が無料で付いてきます。

航路の割引特典

ブルードナウ社の汽船:20%割引
www.ddsg-blue-danube.at

  • メルク~クレムス
  • ウィーン~デュルンシュタイン(日曜のみ)
  • ウィーンでの観光遊覧船

ヴルム&ケック社のドナウ川クルーズ:スペシャル料金
www.donauschiffahrt.de

  • リンツ~パッサウ(予約必須)

BSB、SBS、ÖBB運航のボートツアー:50%割引
www.bsb-online.com

  • コンスタン湖(ボーデン湖)のボートツアー(5~10月)

マイニンガーホステルズ:10%割引
www.meininger-hostels.com
ベルリン、ミュンヘン、ケルン、ハンブルク、ウィーン、ロンドンにあるホステル:マイニンガーホステルズに直接予約を入れると、宿泊料金が10%割引となるほか、無料で10分間のインターネット使用が可能です。朝食ビュフェは、1人3.5ユーロ。ホテル内のWi-Fiインターネット接続が無料。
お問い合わせ:welcome@meininger-hostels.com Tel: +49(0)30 6663 6100

オーストリアで有効なユーレイルパスは、私鉄ROeEE社運行のエーベンフルト~ショプロン(ハンガリー)間でもご利用いただけます。

トラベルマップ

旅行プランを練ったり、鉄道パスがカバーする各国の鉄道ネットワークを調べたりするには、トラベルマップをご活用ください。

ユーレイル オーストリアパスを使って、ザルツブルク、ウィーン、リンツはもちろん、幹線から少し外れた伝統ある美しい小さな町で途中下車してみてはいかがでしょう。

This map requires Adobe Flash Player

F.A.Q

  • 質問: タリスの座席クラスについて教えてください。

  • 質問:ユーロスターに持ち込める荷物の個数を教えてください。

  • 質問:イタロのチケットは購入後、どのように受け取ることができますか?

  • 質問:ヨーロッパの各都市で鉄道駅を探すのは簡単ですか? どういった場所に駅はありますか?

  • 質問: ユーロスターに乗車の際、いつチェックイン手続きをすればいいですか?

  • 質問: 通用日とは?

  • 質問: AVE車内では、食事はできますか?

  • 質問:ガトウィック エクスプレスとヒースロー エクスプレスの運行頻度を教えてください。

  • 質問: TGVは座席予約が必要ですか?

  • 質問:レイルヨーロッパで扱っている鉄道パス、区間乗車券、夜行列車、特別列車のキャンセル条件を教えてください。

すべてのFAQを見る

0 10 20 30 40 50 60 70 80 ...

レビュー&評価

総合満足度 (6)

快適さ
コストパフォーマンス
便利さ

総合評価

大変満足 20% 満足 65% 普通 10% やや不満 5% 不満 0%



  • "素敵なオーストリア10日間の旅でした"    
    旅行の全てを個人旅行で、ネットでエア、ホテル、鉄道を予約しました。 オーストリアレールパスを有効に利用させていただきました。 オーストリアの鉄道が、素晴らしい事を実感した旅でした。利用者にバリアフリーの駅・車両設備、自転車搭載の他、シリア難民への混乱防止の体制、駅構内でのコインロッカー、案内表示 よかったです。 ウィーン、ザルツブルグも適度な混雑度で、ゆったりとした記念に残る家族4人の旅でした。今度は、隣国スイスに行く計画です。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "厄介なところもある"    
    列車旅行自体は、ほぼ快適であった。 ただ、予定表をきっちり書くのが厄介であった。 同じ鉄道を逆行するの認められないのも厄介であった。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "1等にしてよかった!"    
    いつも経済的な旅をしている私は,ユーレイルパスは2等のセーバーパスを使っていました。今回も,2等にしようと思ったのですが,ちょっとした手違いから1等を購入。多少もったいないと思いながら,旅行に突入。結果は,1等で正解。オーストリアは1等切符保持者は,駅でラウンジを使えることを知り,大感激。ワインやビールやソフトドリンク,ちょっとした軽食が準備されており,特別なトイレもあり,このラウンジ大変便利でよく利用しました。WiFiも利用できたのがよかったです。(1等車でも列車によってWiFiが利用できないこともあるので・・・)1等車両には,新聞やお菓子のサービス,ビュッフェから座席まで食べ物の配達もあり,束の間ですがセレブ気分になれました。    コストパフォーマンス  便利さ
  • "オーストリア一人旅"    
    ウィーン、リンツ、ザルツブルクどこも素晴らしい都市であった。この3つの都市は、日本でいう大阪、名古屋、東京というような位置関係にあり、非常に周りやすかった。田舎の駅から都会の駅までどこもきれいな駅ばかりだった。    コストパフォーマンス  便利さ