Raileurope
リクエストの処理中です
ディジョン - バーゼル
0 In stock

列車 ディジョン → バーゼル


チケット検索
<->
列車の概要 ディジョン~バーゼル区間の平均所要時間は分です。最短のルートであれば、分です。ディジョン駅の初電時刻はで、終電時刻はです。ディジョン~バーゼル区間は1日平均便、およそ分間隔で運行されています。

    時刻表

    ディジョンとバーゼルの主要鉄道駅

    到着駅

    London Stansted Airport

    London Stansted Airport

    London Stansted Airport is the Britain’s third-busiest airport, offering flights to more than 160 destinations in over 30 countries. Whether you’re arriving, connecting or departing, you’ll find all the assistance you need to make your journey easier and pleasant.

    詳細はこちら

    London Gatwick Airport

    London Gatwick Airport

    London Gatwick Airport has two terminals and offers hundreds of destinations worldwide. From there, you’ll find all the assistance you need to make your journey easier and enjoyable.

    詳細はこちら

    ディジョンとバーゼルの列車の特徴

    ディジョン

    ブルゴーニュ地方の古都ディジョン

    ディジョンは、ブルゴーニュ地方の中心都市であり、15万の人々が暮らしています。この町の歴史保存地区は97ヘクタールにもおよび、歴史的な建築遺産が保存状態よく現存しています。ディジョンで有名なものは何かと尋ねられたら、「マスタード」を挙げる人も多いかもしれませんが、この町は世界的に知られたワイン産地コート・ド・ニュイ地区へのゲートウェイです。ワイン畑を巡るガイドツアーも数多く行われています。最高のワイン産地マルサネ・ラ・コート、ジュヴレ・シャンベルタン、ヴォーヌ・ロマネ、あるいはニュイ・サン・ジョルジュでワインを試飲して至極のひと時を楽しみましょう。ディジョンの幸福のシンボルはフクロウ。ノートルダム教会の壁に刻まれたフクロウを左手で撫でながら願い事をすると、その願いが叶うといわれています。

    ディジョンは鉄道の高速新線ライン・ローヌ線の途中駅で、パリから約1時間35分と簡単にアクセスできます。また隣国スイスのバーゼルからは高速列車で2時間10分でアクセスできます。

    詳細はこちら / フランス


    バーゼル

    スイスが誇る文化の都バーゼル

    たとえば、滞在期間4日間で、数カ国を巡る旅をしたいなら…。スイスの芸術と文化の都バーゼルを拠点にすれば、フランスとドイツの3カ国を巡る旅が実現します! バーゼルには40もの美術館や博物館が点在し、古典様式の貴族の邸宅や中世の教会の隣りに、地元出身の建築家ユニット「ヘルツォーク&ド・ムーロン」やイタリア人建築家レンゾ・ピアノ設計のモダンな建物があります。世界最古の公共美術館バーゼル市立美術館にもぜひとも訪れたいもの。バーゼルはスイスで3番目に人口の多い都市でもあります。

    詳細はこちら / スイス



    レビュー&評価 ディジョン - バーゼル

  • "TGV"    
    DijonからBaselにTGVで移動しました。2階席で見晴らしが良く、快適でした。しかし、一度もチケットのチェックがありませんでした。これも国民性でしょうか。  
  • "コライユテオズに初乗車"    
    この列車はTGVではなくて、コライユテオズでした。 割り当てられた席は最近少なくなってきているコンパートメントでヨーロッパらしさを満喫できました。パリ-テゥールーズは約6時間の長旅でしたが、景色も変化に富んであっという間に着きました。別の区間でもテオズに乗ってみたいです。  
  • "リリアなぜ高い?"    
    左に出ている列車はコライユテオズで、ナルボンヌからマルセイユまでTERで行き乗り換える予定でしたが、この列車が遅れたため、マルセイユで入れ替わりに先行で出てしまい利用できませんでした。 リリアに付いてですが、他の区間でも一般のTGVを利用しましたが指定料金はテオズと同じでリリアだけは国際線という位置付けのためか3倍でしたが、乗車区間がディージョン-バーゼルと短かったためか軽食サービスもなく、同じDUPL;EXに過ぎないのにこれで3倍は何故?と思います。 リヨン-ディージョンは別のTGVで乗継でしたが、先行のTERが遅れたため、リリアに接続するかドキドキでしたが、ディージョンではホーム対面接続でこれには流石!と思いました。