Raileurope
リクエストの処理中です
ディジョン - ボーヌ
0 In stock

列車 ディジョン → ボーヌ


チケット検索
<->
列車の概要 ディジョン~ボーヌ区間の平均所要時間は分です。最短のルートであれば、分です。ディジョン駅の初電時刻はで、終電時刻はです。ディジョン~ボーヌ区間は1日平均便、およそ分間隔で運行されています。
    レイルヨーロッパが 選ばれる理由
    お困りですか?

    時刻表

    ディジョンとボーヌの主要鉄道駅

    到着駅

    London Stansted Airport

    London Stansted Airport

    London Stansted Airport is the Britain’s third-busiest airport, offering flights to more than 160 destinations in over 30 countries. Whether you’re arriving, connecting or departing, you’ll find all the assistance you need to make your journey easier and pleasant.

    詳細はこちら

    London Gatwick Airport

    London Gatwick Airport

    London Gatwick Airport has two terminals and offers hundreds of destinations worldwide. From there, you’ll find all the assistance you need to make your journey easier and enjoyable.

    詳細はこちら

    ディジョンとボーヌの列車の特徴


    レビュー&評価 ディジョン - ボーヌ

  • "ニースまで"    
    ニースまで利用しました。 一等に乗りました。 私は、とても快適でしたが、外人の女性4人グループが、居眠りしている間に、卓上のiPhoneを盗まれて、大騒ぎになりました。 結局見つからず、お気の毒でした。 お気をつけください。  
  • "快適でした!"    
    発車時刻に遅れもなく、次の予定が控えている状況では予定通りの運行は助かりました。 座席もきれいで快適でした。 ただ、料金はロンドン行きのユーロスターの格安チケットより高額になってしまい、少々納得しかねました。 また、予約時に往復での予約ができず片道ずつの予約で、その分手数料も倍になり、どういう予約・料金システムなのか分かりかねました。  
  • "Gare de Lyonから"    
    パリのリヨン駅は、アルファベットと数字の2種類のホームがあるので注意が必要。乗車する列車のホームは、予め確認ができず、出発の20分位前になって始めて掲示板に表示されるので、どこに何のホームがあるか調べておくとよいでしょう。自動発券機は、使用方法を予め手に入れておかないと、初めての人では分かりにくい内容です。刻印は刻印機に切符を入れるだけで簡単でした。1等車に乗りましたが、席は広く快適でした。  
  • "案内"    
    LYON駅のHallの案内が分かりにくくて困った。 又実際乗り場の近くの掲示案内には乗る予定の電車の掲示がされてなかったので乗り場を間違えたかと思ってしまった。少し分かりやすく掲示してほしい。  
  • "日本からの予約は安心です"    
    パリからボーヌ(ディジョン乗り換え)、ディジョンからランス、ランスからトゥール、トゥールからパリのTGVで利用させていただきました。 夏のバカンスシーズンだったので乗車した電車はすべて満席。日本で予約しておいて良かったです。 フランスへは乗車証をA4用紙に印刷して持参しました。どの電車でも車掌のチェックはありましたが印刷されたQRコードを読むだけです。 駅で黄色い機械で刻印する必要もありません。あとは指定席に座るだけです。ただ指定席の車両がどこにとまるのか必ず、乗車する電車の電光掲示板等で確認することをお勧めします。日本のようにいつも同じ順番で電車が来るとは限りません。一度直前の電車と乗る電車の車両順が全く反対であせったことがありました。ただ停車時間はTGVであっても恐ろしく長いので大丈夫ですが。 また、電車の中を移動できない車両が連結されている場合がありますので注意です。  
  • "快適でした"    
    ただ、乗換駅での案内が不親切だと思います。 案内所に日本語も含め、ルーブルの絵画の説明のように各国の言葉での説明書が置かれていればよいと思います。 たとえば、発着の案内のTV画面の表示の説明。 特に発着番線の決定が15~20分前になり、そして表示されることなどを盛り込んで。  
  • "乗継便が・・・"    
    母とワインの旅をしてきました。 パリ→ディジョンへ向かい、乗り換えてボーヌに行くはずが 予定の電車が見当たらず・・。 駅員さんに聞いてみると「あー、その電車は今日はなくなったよ」と 平然と言われました^_^; フランスでは購入率が悪いと運休になるのが普通のようです。 結局1時間待って次の電車に乗りました。 また、発車するホームは発車時間の20分前になるまでどこになるか わからず、結構ドキドキしました。 切符拝見が計6回乗った内1回しかされず、無銭乗車とかありそうですね。 内装は日本の新幹線より広く、荷物置き場もたっぷりあって快適です。  
  • "行ってみないと分からない"    
    初めてTGVに乗りました。パリマラソン参加の後、ブルゴーニュのボーヌという町へワインを楽しみに行きました。リヨン駅からTGVに乗り、ディジョンという駅で在来線に乗換です。 日本でインターネットでチケット予約していたのでリヨン駅で発券しました。、ホームにある当日乗車の打刻も忘れないように行いました。(ここまでは予定通り) ところが電車が発車するホームがどこなのかが分かりません。駅員に聞くと1時間前くらいにならないと分からない。との事でした。実際には発車20分前くらいで、ようやく画面にホームの案内が出ました。(日本では考えられない!) パリの町を離れると快適な列車の旅です。車窓から外を見ると一面に菜の花畑が広がっています。遠くに山も見えない広大な平野です。途中で列車が止まって予定より9分くらい遅れてディジョン駅に着きました。乗換時間の余裕が3分くらいしかなかったので、慌てて階段を上り下り、ぎりぎりに在来線に間に合い増した。 帰りの列車は時刻通りで、やはり美しい田園風景を見ながらパリに帰ってきました。 次はもっと遠くまでTGVに乗りたいと思っています。