Raileurope
リクエストの処理中です
ディジョン - モンペリエ
0 In stock

列車 ディジョン → モンペリエ


チケット検索
<->
列車の概要 ディジョン~モンペリエ区間の平均所要時間は分です。最短のルートであれば、分です。ディジョン駅の初電時刻はで、終電時刻はです。ディジョン~モンペリエ区間は1日平均便、およそ分間隔で運行されています。
    レイルヨーロッパが 選ばれる理由
    お困りですか?

    時刻表

    ディジョンとモンペリエの主要鉄道駅

    到着駅

    London Stansted Airport

    London Stansted Airport

    London Stansted Airport is the Britain’s third-busiest airport, offering flights to more than 160 destinations in over 30 countries. Whether you’re arriving, connecting or departing, you’ll find all the assistance you need to make your journey easier and pleasant.

    詳細はこちら

    London Gatwick Airport

    London Gatwick Airport

    London Gatwick Airport has two terminals and offers hundreds of destinations worldwide. From there, you’ll find all the assistance you need to make your journey easier and enjoyable.

    詳細はこちら

    ディジョンとモンペリエの列車の特徴

    ディジョン

    ブルゴーニュ地方の古都ディジョン

    ディジョンは、ブルゴーニュ地方の中心都市であり、15万の人々が暮らしています。この町の歴史保存地区は97ヘクタールにもおよび、歴史的な建築遺産が保存状態よく現存しています。ディジョンで有名なものは何かと尋ねられたら、「マスタード」を挙げる人も多いかもしれませんが、この町は世界的に知られたワイン産地コート・ド・ニュイ地区へのゲートウェイです。ワイン畑を巡るガイドツアーも数多く行われています。最高のワイン産地マルサネ・ラ・コート、ジュヴレ・シャンベルタン、ヴォーヌ・ロマネ、あるいはニュイ・サン・ジョルジュでワインを試飲して至極のひと時を楽しみましょう。ディジョンの幸福のシンボルはフクロウ。ノートルダム教会の壁に刻まれたフクロウを左手で撫でながら願い事をすると、その願いが叶うといわれています。

    ディジョンは鉄道の高速新線ライン・ローヌ線の途中駅で、パリから約1時間35分と簡単にアクセスできます。また隣国スイスのバーゼルからは高速列車で2時間10分でアクセスできます。

    詳細はこちら / フランス


    モンペリエ

    エコな都市生活をリードする町モンペリエ

    フランス南部のラングドック・ルシヨン地方の中心都市モンペリエは、フランスでもっとも重要な町の1 つです。モンペリエの町は紺碧の地中海からわずか12kmしか離れていません。急速に拡大している町であり、フランス南部の「生活を楽しみ、心豊かに暮らす」といったライフスタイルを体験するには理想的な場所です。休暇をのんびりと過ごすのに適した町は、同時に学生の町としてもよく知られています。

    モンペリエは、フランス国内において環境保護を推進する試験的なモデル都市として知られています。広い歩行者用エリアや環境にやさしい青色のトラムが町を走っています。驚くことに、このトラムのデザインはガルースト、ボネッティやクリスチャン・ラクロワといったデザイナーらによるもの。レズ川沿いの真新しい自転車専用道路を自転車で走って、モンテペリエまで来ることもできます。ブドウ畑やビーチに行くにも自転車は大変便利です。

    詳細はこちら / フランス



    レビュー&評価 ディジョン - モンペリエ

  • "騒然たるバカンス列車"    
    列車は若干の遅れはあったものの、まず快調、乗り心地も良い。大変だったのは車内、前半はドイツ語を話すバカンスグループ、家族の団体、この人たちが、大人は宴会状態、子供は騒ぎ走りまわる、頭が痛くなった。静かにするようNOTICEを貼り出すか、団体だけ分けてほしいと思った。彼らが降りたら、今度はフランス人、リセの生徒団体、これはいけないと思ったら、規律正しい、指導者が常にまわっていたが、とにかく静かで、感心した。ということで、後半で気持ちよくなり、納得。前半の連中何とかするべき。