Daily advice to travellers concerned about the impacts of coronavirus

月―金 毎日更新:新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報 2020年3月30日更新

レイルヨーロッパでは弊社のお約束するサービス理念に基づき、すべての払戻手続きを迅速に行うよう最大限努めています。しかしながら現在私たちが直面している状況は前例をみないものです。
ヨーロッパは今、新型コロナウイルス流行の中心地となっております。そのためフランス・パリにございますレイルヨーロッパ本社では政府の勧告に基づき、多くの従業員が自宅から勤務しております。
私どもは弊社従業員および地域社会の健康を守る責務について重く受け止めております。このため各種手続きに遅延が生じておりますことお詫び申し上げるとともにお客様のご理解を賜りたいと存じます。
払戻しをご希望のお客様は弊社カスタマーサポートセンターまでご連絡ください。しかしながらお客様の列車ご利用日が5月以降の場合には現時点での払戻し申請のご連絡はお控えくださいますようお願い申し上げます。これは出発が直近のお客様のお手伝いを優先的に行う必要があるためです。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。弊社ではすべてのお客様の払戻し申請につきましてできる限り迅速に手続きを行うことをお約束いたします。

この状況で旅行をするべきでしょうか?

ヨーロッパ内の列車は引き続き運行されておりますが一部の国では旅行が正当で緊急性があるかどうかの証明を求められることがあります。その場合には旅行のための特別な文書が必要となります。ご出発前に訪問予定国の政府ウェブサイトでご確認をお願いいたします。

すでに予約済ですが旅行をキャンセルしたいと思います。払戻しを受けられますか?

運行を行う鉄道会社の規定により異なります。一例としてItaloおよびEurostarではそれぞれの社の定める標準的な払い戻し方法以外のいかなる特例払戻しも認めておりません。その他の各社の規定も定期的に更新されますので最新情報を入手次第、以下の情報を更新いたします。
ご予約された鉄道会社が以下のリストに含まれていない場合、その鉄道会社は新型コロナウイルスに関する特別払戻し規定を現時点では定めていません。通常の運賃規約が適用となります。
もし特別な払戻し規定が適用される場合、ほとんどの場合、払い戻し申請手続きはレイルヨーロッパ・カスタマーセンターにてお手伝いが可能です。詳細は以下をご覧ください。

フランス国鉄 SNCF (TGV リリアを含む)

2020年4月30日出発分までのTGV,Intercité,TERのチケットをお持ちで、ご旅行を延期もしくは中止されるすべてのお客様は、チケット代金の全額払戻し、もしくは無料での予約変更が可能です。フランスードイツ間TGV、フランスースイス間TGV,フランスースペイン間TGV、フランスーイタリア間 TGVも対象となります。ご出発前であればお客様のレイルヨーロッパ、マイアカウントページより全額払戻しの申請が可能です。列車出発後の申請についてはレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

ドイツ鉄道 (DB)

2020年4月30日までの乗車分のチケットお持ちのすべてのお客様について全額払戻しが認められます。ただしこちらは2020年3月13日までにチケットのご予約を完了されていることが条件となります。払戻し申請をご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

ユーロスター

2020年3月13日から6月01日ご乗車分までのチケットをお持ちのお客様につきましては鉄道会社発行のEバウチャー(商品券)という形でチケット代金相当額の払戻しが可能です。Eバウチャーは2020年9月30日が使用期限となり、2021年3月31日分までのユーロスターチケット購入にご利用いただけます。申請はユーロスターウェブサイト(英文)ユーロスターウェブサイト(英文) より直接行っていただくことができます。申請に際しお手伝いを必要とされるお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

英国内の鉄道

2020年4月30日までご乗車分のチケットのうち、Off-PeakまたはAnytime 運賃でご予約されているものに関しては全額払い戻しが可能です。Advance運賃につきましても2020年3月23日以前に購入されたものであればチケット代金の全額払い戻しが可能です。手続きをご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

イタロ

2020年4月13日までのご乗車分につきましては鉄道会社発行のバウチャー(商品券)という形でチケット代金相当額の払戻しが可能です。バウチャーは発行から1年間有効で次回のイタロチケット購入にご利用いただけます。申請はイタロウェブサイトイタロ ウェブサイト(英文) より行っていただけます。申請に際しお手伝いを必要とされるお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

トレニタリア

2020年4月03日ご乗車分までのチケットをお持ちのお客様についてチケット代金の全額返金を行っております。こちらはイタリアースイス間のユーロシティも含みます。払戻し申請をご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

ThelloTrain

以下のチケットにつきまして全額払戻しが可能です。
パリーヴェネツィア間 Thello: 2020年 3月10日 から4月15日ご乗車分まで
ヴェネツイアーパリ間:2020年3月9日から4月15日ご乗車分まで
マルセイユーニースーミラノ間 2020年3月10日―4月15日ご乗車分まで
払戻し申請をご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

スペイン国鉄(RENFE)

2020年4月11日ご乗車分までのご予約をお持ちのお客様につきましてはチケット代金の全額払戻しが可能です。ご申請は列車出発日以前に行っていただく必要がございます。(カスタマーセンター営業時間外は対応できませんので余裕をもってご連絡をお願いいたします。
払戻し申請をご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

スイストラベルシステム (STS)

チケット記載の乗車日・パス使用開始日 の1営業日より前にキャンセルのご連絡いただいた場合、チケット代金の全額払戻しが可能です。(カスタマーセンター営業時間外は対応できませんので余裕をもってご連絡をお願いいたします。上記以外のケースについては個別に審査いたします。
払戻し申請をご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

OBB (オーストリア連邦鉄道)

2020年4月13日ご乗車分までのイタリア発着のチケットをお持ちのすべてのお客様については全額払戻が可能です。払戻し申請をご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

タリス

3月10日から4月30日までご乗車分のチケットをお持ちのお客様は全額返金もしくは無料での予約変更を承ります。ご申請はご乗車日より起算して2週間以内に行っていただく必要がございます。2020年5月および6月ご乗車分のチケットは列車出発日の30日前以前であれば全額返金および無料での変更が可能です。お手続きをご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

ユーレイルパス

2019年6月01日から2020年3月31日までに購入されたユーレイルパスにつきましては券面記載のパス使用期限が自動的に12か月延長されます。再発行等の手続きは不要です。またキャンペーン価格のプロモーション商品ではない通常料金でご購入いただいたパスはパス代金全額の払い戻しが可能です。
プロモーション商品につきましてはパス代金のおよそ85%にあたる金額をご返金いたします。お手続きをご希望のお客様はレイルヨーロッパ・カスタマーセンターまでお問合せください。

新型コロナウイルスの大流行によりヨーロッパ内のすべての列車が運休となっていますか?

今回の新型コロナウイルス大流行により各国の鉄道運行会社は運行計画の見直しを頻繁に行っております。すでに多くの列車は運休となっており、また運行予定の便であっても直前に運休が決まることもございます。運行鉄道会社のホームページより最新の運行情報をご確認いただくようお願いいたします。

加入している旅行保険はヨーロッパへの旅行について有効ですか?

お住まいの国の政府からの旅行注意勧告に従われずに該当地域へのご旅行を決行された場合、旅行保険が無効となる可能性があります。ご旅行出発前に諸条件について保険会社に確認をされることをお勧めいたします。

ご一読いただきありがとうございました。今後も最新情報を提供し皆様にご安心してご利用いただけるように努めてまいります。

レイルヨーロッパ ・カスタマーサポートセンター