払い戻しできますか?

鉄道チケット

フレキシブルのチケット
このタイプのチケットは、乗車前であれば変更可能で、一般的にペナルティなしに全額払い戻し可能です。変更はもともと予約していた都市間または路線に限り、可能となります。追加料金や手数料が発生することがございます。
ただし、一部の列車やチケット、カテゴリーは変更・払戻ができません。
利用条件(英語)をご確認ください。

セミ・フレキシブルのチケット
このタイプのチケットは、特定の条件(乗車日から決められた日数前まで、あるいは一定額のペナルティまたは追加費用がかかるなど)のもと変更/払い戻しができます。この場合、チケットの差額についてはお支払いが必要となります。
ただし、一部の列車やチケット、カテゴリーは変更・払戻ができません。
利用条件(英語)をご確認ください。

ノン・フレキシブルのチケット
これらチケットは変更/払い戻しともにできません。通常、とてもお手頃価格の料金です。

鉄道パス

最大85%払い戻し可能
ほとんどの鉄道パスは、未使用・未記入でヴァリデーションしていない場合は払い戻し可能です。15%の払い戻し手数料がかかります。キャンペーンで購入した鉄道パスは払い戻しできません。

座席指定券
大半の座席/寝台指定券は変更/払い戻しのいずれもできません。
但し、一部に可能なものがございます。

アクティビティ&パッケージ

アクティビティ
アクティビティは一般的に予約確定前、あるいはバウチャーをチケットに交換する前でしたら、払い戻し可能ですが、商品によって異なります。

レイル&ホテルパッケージ

  • パッケージは、ホテルの宿泊初日の30日前までなら、100%払い戻し可能ですが、事務手数料がUS$30かかります。
  • ホテルの宿泊初日の29~6日前なら、85%払い戻し可能です。
  • ホテルの宿泊初日5~2日前なら、70%払い戻し可能です。
  • ホテルの宿泊初日の前日であれば、パッケージの払い戻しはできません。

鉄道チケットや鉄道パスの払い戻しについては時間的制約がありますので、できる限り早くレイルヨーロッパまでご連絡ください。 現地で不測の事態に直面して 払い戻しの可能性がある場合、ほとんどの商品(鉄道チケットやパスなど)は、予定していた乗車日から28日以内に発券センターにチケットやパス類(現物)を所定の手段で返送する必要があります。

但し、発券センターがお休みの日は受領ができませんので、ご注意ください。

払い戻しが可能な場合、最大7%の事務手数料がかかる場合があります。

変更は限られた商品のみ行うことができます。