リールへの移動を予約

フランス
デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
550万人 2015年のご利用旅行者数
欧州鉄道チケット 取扱い実績No.1!
15,000都市 ヨーロッパ全域を網羅
鉄道旅行 ワンストップ・ショッピング
75年 鉄道の旅とともに
ヨーロッパのエキスパート

概要

フランス北部へのゲートウェイ都市リール

フランス北部への玄関口リール

フランス北部のリールは芸術と歴史に彩られた町です。フランスで4番目に人口の多いコスモポリタンな町リールには、1100万の人々が暮らしており、このうち10万人は学生です。2004年にはヨーロッパ文化首都に選出されました。リールはヨーロッパの国際鉄道ネットワークの交差点でもあり、ベルギーや英国へのアクセスもとても簡単です。この町には長年に渡ってフェスティバルの伝統があります。9月の有名な大骨董市はショッピング好きにはたまらないイベントです。リールはまた、ヨーロッパにおけるオンライン販売の中心都市といわれており、ラ・ルドゥート、Les 3 Suisses、カマイユ、Castorama、デカスロンなどは市内に店舗を構えています。

フランスについて


絵になる旧市街から散策を始めましょう。旧市街は、グランプラス(ド・ゴール将軍広場)から北へと広がり、2つの地区(フランドル歴史地区とロイヤル地区)に分かれていて、どちらもこの地方特有の建造物があります。グランプラスとノートルダム大聖堂に挟まれた一帯がフランドル歴史地区で、さまざまなショップやアートギャラリー、カフェやレストランが並んでいます。リウール宮殿はブルゴーニュ公がリールを統治していた時代の唯一の建造物で、リウール広場とグランプラスの間に位置します。リウール通りではリール建築の変遷を見ることができます。グランプラスはド・ゴール将軍広場とも呼ばれています。1890年にリールで生まれたシャルル・ド・ゴール将軍に敬意を表して、そう呼ばれているもので、この広場は必見。ここは人々が集まり、フェスティバルの会場として賑わう広場です。少しでも太陽が顔を出せば、この広場のレストランやカフェのテラス席はあっという間に満席になります。旧証券取引所(Vieille Bourse)はリールでもっとも素晴らしい建築物の1つです。

郷土料理にはカルボナード・フラマンド(牛肉のビール煮込み)、ワーテルゾーイ(鶏肉または魚のクリーム煮)、potjevleesch(煮込んだ肉を壺に入れて保存食にしたもの)などです。有名なマロワールチーズも忘れずに。

有名なリールの大骨董市(フリーマーケット)は最大のショッピングイベントで、毎年9月に開かれます。イベント期間中、町にはどこまでもどこまでも続く歩行者専用ゾーンが誕生します。そこには数え切れないほどの出店やストール(屋台)が並び、アンティーク、古着や古書、雑貨など、さまざまなものが売られます。商売でもあり、お祭りでもあるのです。同じように通常の店舗でもこの期間、ユニークなセールを行いますので、ショッピング好きな人には絶対おすすめです。

Office de tourisme de Lille
Place Rihour, 59002 Lille.
Tel: +33 (0)3 59 57 94 00

観光案内所は、旅行者の強い味方です。親切なスタッフが、地元目線ならではの観光情報のほか、散策に役立つマップやパンフレット類を提供してくれます。また、半日や1日観光ツアー、郊外へのエクスカーション、宿泊施設など旅行者にとって有益な情報も盛りだくさんです。

鉄道駅

鉄道:ヨーロッパでは、都市や町への移動は鉄道が便利です。すべての主要な町には鉄道駅があり、大都市には2つ以上の鉄道駅があります。また、ほぼすべての鉄道駅は市街地中心部に位置しています。リールの鉄道駅をトラベルマップでご確認ください。

町に滞在中