イタリアへの移動を予約

デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
人気の路線
ヴェネッィア ローマ
03:20
7,286
ミラノ ローマ
02:55
8,000
フィレンツェ ローマ
01:20
4,857
ミラノ ヴェネッィア
02:10
5,429
フィレンツェ ヴェネッィア
01:51
6,429
フィレンツェ ミラノ
01:58
7,143
ローマ ピサ
02:30
5,000
ミラノ ピサ
03:53
4,714
ローマ ナポリ
01:08
3,571
ナポリ ヴェネッィア
05:05
14,429
ミラノ ナポリ
04:15
9,714
ローマ ベローナ
02:50
6,000
ベローナ ヴェネッィア
00:54
3,286
フィレンツェ ナポリ
02:31
9,714
ミラノ ベローナ
01:14
3,143
ローマ ジェノヴァ
04:15
6,714
ジェノヴァ ミラノ
01:29
2,857
ボローニャ ローマ
01:54
6,143
ローマ トリノ
04:05
7,857
ヴェネッィア ボローニャ
01:13
2,714
ローマ ラ・スペツィア
03:13
5,857
トリノ ヴェネッィア
04:18
8,000
ミラノ ボローニャ
01:00
3,714
トリノ ミラノ
01:00
3,714
ナポリ ピサ
05:12
6,000
ボローニャ フィレンツェ
00:35
1,714
Overview

世界の芸術的遺産にもっとも貢献してきた国。そんなイタリアでは、まるで美術史の本に舞い込んだような体験ができるはずです。

イタリア国内をカバーする鉄道会社は、トレンイタリアです。イタリアの鉄道路線網は現在、総延長16,000km超に達し、主要都市であるローマやベネチア、ミラノなどはいずれも列車でアクセスできます。また、フランスやスイスといった隣国への国際路線も運行されています。イタリア国内の鉄道チケットは日本で事前に予約することができます。まずは鉄道チケットのご予約を。

街の景観

ローマではローマ帝国時代の遺跡を巡り、北部のフィレンツェでは洗練されたルネッサンス美術を堪能しましょう。かつて、独立した共和国として一時代を築いたヴェネツィアの運河は、ロマンティックなゴンドラで巡るのが一番。ファッショナブルなミラノでは、おしゃれに対するイタリア人のひたむきさを実感することでしょう。ずっと南へと下るのなら、誰もが憧れる港町ナポリの雑踏に足を踏み入れてみてください。

代表的な風景

オリーブの木と糸杉に覆われた、なだらかな丘が広がるトスカーナ地方はドライブには絶好の場所です。カンパーニアの草原で草を食む水牛ののどかな風景を目にすれば、きっと写真に収めたいと思うはず。アマルフィ海岸を臨む崖の上の町ポジターノで食事をしたり、サルディニアのスメラルダ海岸ではターコイズブルーの海でひと泳ぎ。燦々と太陽が降り注ぐシシリー島に残る古代ギリシャ時代の劇場にも足を運びたいものです。冬には、ドロミテ渓谷でスキーを楽しんだり、007ボンドシリーズの映画『007カジノ・ロワイヤル』の舞台となったコモ湖を訪れたりしてはいかがでしょう。

お土産に

ファッションの町ミラノではデザイナーブランドの服やアクセサリー、ヴェネツィアではムラノ島の職人が作ったヴェネツィアングラス、トスカーナやウンブリア地方の絵付け陶磁器などは、いずれもよく知られた名産品です。ベルベットのような舌触りの赤ワイン、ブルネッロはトスカーナ州モンタルチーノで。ヴェネト州ヴァルドッビアーデネは発泡白ワインのプロセッコの産地として有名です。オリーブオイルやポルチーニ茸、パルメザンチーズは地元のデリでどうぞ。

お食事とドリンク

イタリアでは各地でローカル色豊かな味覚をお楽しみください。たとえば、サルディニア島では魚介リゾット(リゾット・フルッティ・ディマーレ)。トスカーナ地方の伝統料理ビステッカのフィレンツェ風(ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ)はニンニクでマリネしたステーキです。北部では珍味トリュフやポルチーニ茸が特産。南部ではバッファローの乳で作ったモッツァレラチーズ、ズッキーニの花の揚げ物(フィオーリ・ディ・ズッカ)、トマトやチーズと一緒に焼き上げたナスのパルマ風(メランザーネ・アッラ・パルミジャーナ)などがおすすめです。

新しい楽しみ方

鉄道に乗って、北西部リグーリア州の海岸沿いにあるチンクエ・テッレ地方を訪れてはいかがでしょう。イタリアの絵葉書にもよく使われる、この地方の夕陽は「すばらしい!」の一言。息を呑むほどです。リグーリア州には昔ながらの生活様式を守る人々が住む伝統的な村々が点在しています。


トラベルマップ

マップ上の都市を選び、自分だけのオリジナルな旅行プランを作ろう
スタート!

あと少し!

イタリアを含む人気の高い鉄道パスから選択する

鉄道商品: イタリア

人気都市はココ! イタリア

主要な鉄道駅: イタリア

空港: イタリア

近郊都市

クチコミ

クチコミ&評価

  • お得感
    便利さ
    フランス・イタリア旅行 |
    "ヨーロッパの汽車は時刻表通りに走ることはないとの都市伝説があるけれども 今回実際に利用してみて 日本と変わらず時間に正確なことにびっくりしました "

  • お得感
    便利さ
    乗り継ぎ配慮不足 |
    "Milano Centrale から Innsburuckまでの間で、Verona PNで乗り継ぎしたが、その時間が5分しかないことが現地で気がついた。イタリアの友人に相談したところ、5分では間に合わないといわれ、移動当日早朝にMilano C 駅でチケットを買い換えた。乗り継ぎ時間に配慮してほしい。実際に買い換えたチケットは乗り継ぎに余裕のある列車だったが、遅れてVerona PNに到着した。 "

  • お得感
    便利さ
    初めての1等席 |
    "いつもは安い2等席を利用していましたが、時間帯や、シーズンによっては2等席とあまり変わらない料金で1等席が取れる事がわかり、-長距離を利用する場合こまめに探してみると良いと思いました。 もちろん2等席より断然快適ですが、この列車何と言ってもフランス産。トイレの水が出ませんでした。 まあフランスではよくある事ですが、快適さと言えば少し評価は下がりますね。 "

  • お得感
    便利さ
    快適なラウンジが利用できます。 |
    "ミュンヘン以外、ラウンジが各駅で利用出来ました。何故ミュンヘンでは利用できなかったのかいまだに不明です。(割引券の1等車は除外しているようです。)インスブルックでの乗り継ぎが、約2時間ありましたので、ラウンジの利用で快適に過ごせました。インスブルックからベニス迄の車両ですが、コンパートメント6人席の中央の対面での指定でしたので、雄大なアルプスの景色が今一でした。日本での手配でしたので、確認出来ませんでした。現地では窓側とか確認は出来ます。現地での指定の方がいいように思います。座席は全て新幹線のグリーンの方が上質です。 "

  • お得感
    便利さ
    快適な旅でしたが |
    "切符の手配は簡単でした。また、列車はきれいで2時間半の旅は快適でした。ただし、コンパートメントは6人いっぱいで大きなトランクを置くと窮屈でした。他のコンパートメントはがら空きなのに。 イタリアの駅では列車の編成の表記がなく、指定の車両が前なのか後ろなのかわからず、到着してから走りました。いつものようです。 "

  • お得感
    便利さ
    time accurate! |
    "it is conforatble train and very aaccurate time table . NICE!! "

  • お得感
    便利さ
    座席は狭かったが景色はよかった |
    "ミュンヘンからベネチアまでの国際列車で途中のブレッサノーネまで乗りました。ホームは迷わずすぐに見つかり、特に国境を超えるための手続きなどは何もありません。車内で車掌に切符を見せればOKでした。2等席だったので多少こんでいました。座席予約の札があったのですが、非常にわかりづらく見つけるまで時間がかかり、おまけに隣の席の人が占領していたので、不快でしたが、すぐどいてもらい狭い座席でしばらく我慢しました。幸い途中で隣の人が降りたのでそのあと目的地までは若干ゆったりできたと思います。 "

  • お得感
    便利さ
    列車内の環境について |
    "椅子もワイドで座りやすく、値段からいうと全体的に良いとは思うが、「ファーストクラス」といいつつ清潔さが今一つのように感じた。特にトイレについては少々使用をためらうような不潔さがあったのは残念。 "

  • お得感
    ユーレイルパスの旅 |
    "ユーレイルパスは価格も安くて便利なので、いつも利用しています。このTGVはイタリアのミラノまでノンストップで快適な旅が出来ました。座席もゆったりしているので、長時間(7時間)乗っていても疲れません。 "

  • お得感
    便利さ
    ヴェネチア-ヴェローナ往復 |
    "行きのヴェローナへは「フレッチェビアンカ」、帰りのヴェネチアへは「ユーロシティ」を使いしました。特急なので時間が短縮でき、シートも良く非常に快適でした。 双方とも「窓際・対面シート」が確保されてました。 ビアンカでは6号車と判りやすかったんですが、ユーロシティは「257号車」という3桁の番号だったので、列車のどの部分に257が居るのかホームに列車が到着するまで判らず、ちょっと戸惑いました。 "

  • 0 10 20 30 40 50 60