ICE

ICE

高速列車ICEは、ミュンヘンやベルリン、フランクフルトなどドイツの全主要都市に乗り入れています。

  • ベルリン - ケルン: 04:19
  • 90日前から予約可能
  • eチケット
  • 高速列車

?


ICE High Speed train

概要

ICE

ICE(インターシティ・エクスプレス)は、ドイツ鉄道(DB)が運行する高速列車です。最高時速300kmで走るICEは超近代的な設備を整え、ヨーロッパでもっとも優れた技術と快適性を備えた列車です。ICEはスイスやオーストリア、オランダを含む隣国との国際線も運行しています。ドイツ国内では充実の運行ダイヤでケルン、ハノーバー、ベルリン、ミュンヘン、シュトゥットガルトといった主要都市を結びます。一部のICEには運転席の後方に展望席があり、ここからは一般的な座席とは違った鳥瞰的な車窓の風景が楽しめます。ICEの車内では、到着駅でご利用いただけるポーターやタクシーの事前予約もできます。また、ICEではすべての車内アナウンスをドイツ語と英語で行っているほか、車内のインフォメーション画面には、目的地、車両番号、次の停車駅が表示されます。さらに、子供向けコンパートメントには小さなプレイエリアを設けています。



Customer feedback 快適でした。
« ただコロンに行くのに手前のコロンメッセという駅がありとなりの人に聞いたらここだと言われて降りてしまい、コロンメッセからコロンに行くのにタクシーを使いそれが痛かったです。 »


役立つ情報


ICEにご乗車の際にはチェックイン手続きはありません。目的地がドイツ国外への国際線であれば、ICE車内にて検札とパスポート確認が行なわれます。

紙発券のチケット

お客様に宅配便で
チケットが届きます。そのチケット を持って、列車にご乗車ください。
チケット配送料がかかります。

Print @ the station(駅で印刷)

乗車前までに自動発券機にチケットの予約コード(予約番号)を入力し、その場でチケットを印刷してください。配送料はかかりません。

印刷方法

予約 :
  • ICEのチケットは、90日前から予約できます。  
  • お得で安い料金設定のチケットはすぐに完売してしまいます。早めに予約することでより安い価格帯のチケットをご購入いただけます。
  • 直前に列車に乗車することになった場合、オフピークの列車がお得です。オフピークのチケットは、休日の前日、金曜と日曜の午後、さらに朝夕の通勤時のチケットよりもお安い料金設定となっています。

Classes of Service

座席クラス

ICEのクラス別サービス一覧
1等2等
リクライニングシート 足元が広いクライニングシートです。
オーディオシステム お気に入りの音楽を聴きながら窓の外を流れる風景をお楽しみいただけます。
駅のDBラウンジご利用 乗車前のひと時をゆったりと過ごしたり、やり残した仕事を片付けるのにも理想の空間です。DBラウンジはベルリン、ハンブルク、ミュンヘンにあります。
ビデオ画面 車両によっては、ビデオ画面を備えます。
電源ソケット 座席には電源ソケットが備えられており、ノートPCや携帯電話の充電などができます。
食事サービス 座席で美味な食事やドリンクをお楽しみいただけます。
クワイエットゾーン 大きな話し声も聞こえない静かな車内でゆったりとした時間をお過ごしください。
バー/ビュフェ車両 スナックやドリンク類を販売。どなたでもご利用いただけます。
スナック&ドリンク 車内ではスナックやドリンク類を販売していますので、食事時の乗車でも便利です。
Wi-Fiによるインターネット接続 eメールをチェックしたり、オンラインで音楽を聴いたり、車内でインターネットをご利用いただけます。同サービスは、一部の列車でのみ提供されます。

クチコミ&評価

  • 快適でした。 |
    "ただコロンに行くのに手前のコロンメッセという駅がありとなりの人に聞いたらここだと言われて降りてしまい、コロンメッセからコロンに行くのにタクシーを使いそれが痛かったです。 "

  • お得感
    便利さ
    楽しかったです |
    "昔の新幹線の食堂車を思い出し、懐かしかったです。 乗るまでのドキドキと、乗れてからの3時間が貴重な思い出です。 ありがとうございました。 "

  • 便利さ
    寝台車は余裕を持って必ず予約を。 |
    "旅のルートを決定するのに時間がかかり、既に寝台車は満席とのことで、6人がけコンパートメントを予約しました。幸い4人乗っていた人たちが2時間ほど過ぎると二人になり、Baselまで横になって行けました、しかし 6人がけシート全員が着席し到着地に行くことを想像すると、ぞっとしました。ファーストクラスは少し料金を追加するだけですので選択して正解でした。昼間に乗った電車のファーストクラスは快適でした。 "

  • お得感
    便利さ
    気楽な鉄道旅行 |
    "ドイツ国内の鉄道旅行ということで特に問題もなく日本で鉄道旅行するような感覚でした。 社内販売を期待してたのですが、短距離のためなのかなかったのが残念でした。 "

  • お得感
    便利さ
    思ったより簡単でした |
    "初めてドイツの鉄道に乗るということで、もっといろいろ大変なことがあると思っていましたが、思ったより簡単でした。また是非、ドイツの鉄道に乗りたいです。今度は仕事でなく、プライベートで。 "

  • お得感
    便利さ
    初めてのICE |
    "切符を駅の機械で受け取るのに少し戸惑いましたが、車内は快適で安全に移動できました。 "

  • お得感
    便利さ
    氷河特急 |
    "パノラマの一等は天気も良く快適でした。 中国人グループがいましたが、大声喋べることもなく 車窓を楽しんでおりました。 ランチは予約なしでメニューを確認して頼みました。 乗務員の対応が良いこともあり気分良く乗車できました。 事前にクールからサンモリッツまで急行で行き、窓を開ける ことができたので世界遺産の写真とビデオが綺麗に撮れました。 旅を楽しむには一等車輌が混まなくてお勧めです。 "

  • 遅れていたので別の列車で |
    "出発時間が遅延していたので、その前に出発する列車に急遽変更して乗車。駅員さんに確認したが、同じ切符で乗ることができた。ただ事前に購入した切符は1等でしたが、乗車が出発ギリギリになり2等車両に乗って行った。目的地はLINDAUで、もともとのチケットはULM乗り換えであったが、一本前の列車は乗り換えなしでLINDAUまで行くことができた。乗っている人は少なく、景色ものどかでのんびりとしたと旅となった。快適でした。 "

  • お得感
    便利さ
    ドイツ鉄道の旅 良かった点と改善してほしい点 |
    "ICEは揺れもなく、静かで、とても快適でした。車内のディスプレーもわかりやすく、JRも見習うべきと思いました。車内生放送は英語でも行われ、その猛烈な早口には小気味よささえ感じました。 ただ、以下の点について改善をお願いします。 1.ネット予約後に送られてきたメールにあった現地駅での自動発券機によるチケット印刷手順で、「Pre-booked tickets]というボタンは現地では表示されず、発車時刻が迫ってとても焦りました。ドイツ人に手伝ってもらい、どこを操作したのかいつの間にか表示されるようになりました。 2.その焦りから、手順書で「チケット印刷番号」(メールの1頁目には9桁の「チケットの予約番号」、その後で「チケット印刷番号」と表示が変わる)を、同頁の先に表示がある8桁「予約番号」と勘違いして何度入力しても受け付けず、印刷できずに乗車しました。「予約番号」は「チケットの予約番号」より文字が大きく赤文字表示です。逆にして表示すべきです。見間違えた自分が悪いのですが。 これが無ければ最高の鉄道旅になったはずです。妻からもブーイング。しかし、この災難のおかげで、手伝ってくれた優しいドイツ人と車内で会話が弾みました。 "

  • お得感
    便利さ
    座席指定券 |
    "違う車両の座席に座ってしまい、何とか自由席に座ることができたが、苦労して手に入れた座席指定券も、十分に使いこなせなかった。乗り換えがなかったので、6時間かかったが、快適だった。それでもベルリンに着くまで、不安だった。乗り間違えると大変だ。 "

  • 0 10 20 30 40 50 60 70 80 ...

F.A.Q.

よくある質問とその答え

  • 質問: ICEの車内には手荷物をいくつ持ち込めますか?

  • 質問: ICEの主要路線を教えてください。どういった都市に乗り入れていますか?

  • 質問: ICEに乗車の際、いつチェックイン手続きをすればいいのですか?

  • 質問: ICE車内では、食事はできますか?

  • 質問: 高速列車ICEのチケットは購入後、どのように受け取ることができますか?

  • 質問: ICEは座席予約が必要ですか?

  • 質問:ユーロスターやタリス、その他の高速列車の乗車券は出発日前の購入がしたほうがいいですか?

  • 質問: ICEのチケットはいつから予約できますか?

  • 質問: ICEの座席クラスについて教えてください。

すべてのFAQを見る